ついに、アレルギー性紫斑病患者が来院されました(小学1年 男子)

私の転職のきっかけになった、長女のアレルギー性紫斑病発症(2001年9月)から16年が経ちました。
娘が完治してすぐに故・山田洋先生に弟子入りしたのが2002年1月。
Web上で娘の闘病日記を公開していたこともあり、研修開始直後から全国の紫斑病の子を持つ母親から多くの問い合わせをいただきました。
それは開業してからも同様だったのですが、不思議と県外からの問い合わせのみでした。
そのたびに最寄りの自然形体療法の治療院を紹介していたのですが、開業10年目にして初めての紫斑病のお子さんが来院しました。
Web上の闘病日記も情報としては古くなり、内容も更新していないことから最近では検索にも引っかかりにくくなっていたのですが、今回は運良く記事に出会えたようです。

7月に紫斑病と診断され、同月26日から2週間入院。入院中に最初の問い合わせをいただきました。
退院して数日経って来院されましたが、そのときは吐き気・嘔吐を一日に何度も繰り返していた状態でした。食欲もなく、ぐったりしていました。
「これから病院に行ってきますが、また入院になるかもしれません」とお母さん。
本当は入院などしないで当院に通うのが最善なのですが、とにかく不安でいっぱいのお母さんや家族の気持ちを考えると、それを押し付けることも出来ません。
私の娘の場合、再入院は医師と喧嘩しながらでも断ったのですが、それには相当の覚悟と周囲を納得させることが必要です。
私にできることは、とにかく目の前の患者さん・お子さんに最善の施術をすること。

さて、紫斑病の原因は頚椎にありますが、まず横になってもらって身体を触ってみると、背中が異常に固く張っています。吐き気の原因は紫斑病によるものではなく、この背中も関係していると判断しました。
うつ伏せになった状態で背中をマザーキャットや手で治療してあげると、気持ちが良いのかおとなしくなりました。もちろん、その後に頚椎も治療。
治療後は吐き気もなくなったので、お母さんに背中の撫で方を教えて終了しました。

それから10日間の再入院。実は入院すると体力が落ち、回復力も弱まるのですが、退院許可が下りなければ仕方ありません。普通は完治はしなくても少し症状が軽くなった時点で退院となります。

退院後に2度目の来院。入院中はお腹が痛くて食事ができないときだけステロイドに頼ったそうです。そのせいか体重も落ちずにいられたようです。薬もケースバイケースで使いようですね。
なお、再入院前に酷かった吐き気と嘔吐は、当院での治療後には消えていましたが、その後もなかったそうです。
背中の治療が気持ちよかったそうで、お母さんに撫でてもらうことをおねだりしたとか。

その後、一週間に2回ほど治療しましたが、紫斑は治療翌日に消え、数日後にまた出現するというパターン。しかし、3回めに来院したときには紫斑は確認できず、その後も出なくなりました。9月末には尿蛋白もマイナスになりました。
紫斑が出なくなってから2ヶ月が経ち、もう大丈夫と思うのですが、念のため週1程度で通院されています。病院で「一生付き合っていく病気かもしれない」と脅かされたのでお母さんもまだ心配なのでしょう。
学校のマラソン大会、相当の距離を歩いた遠足も無事こなし、これからは体力もどんどんついて、元気になっていくことでしょう。お母さんの不安もあと少しで解消ですね。

 ★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》


Try everything! マスターズ 惨敗でした……

本日、秋晴れの好天気に恵まれた中、マスターズ陸上競技大会デンカビッグスワンカップが開催されました。
しかし、タイトルにあるとおり、結果は惨敗でした。
5月のマスターズで50代での自己ベストを出し、さあこれで上り調子だと思っていたのに、まさか昨年秋よりタイムが悪い、また昨年春の向かい風4mでのタイムに匹敵するというのは、どういうことなのか(今日は無風)。
特に今回はスタートダッシュの前傾姿勢維持に自信を持って挑んだだけに、この結果は受け入れ難いですね。でもレーズ後に妻が撮ってくれた動画を見てみたら、全く前傾姿勢が取れていない。
これは練習で前傾していると思ったのが幻だったのか、本番で前傾意識が飛んでしまったのか、今後の練習でも動画を撮るなどして検証しないといけません。
ただ、今までも前傾が出来ていないのだから、これが今回の敗因ではありません。全体的に走り方が悪かったか調整不足で単純にスピードが足りなかったのか。(どっちもだな)
いくつかある敗因のうち、一つはっきりしているのは腹筋力の差。5月の大会前は、冬期間の走り込み不足を少しでも補うため、2か月近くは毎日腹筋トレーニングをやってましたから。
やっぱり毎日頑張らないと、歳とともに衰えていくのだ!(ひえ~恐ろしい)
頑張ろうっと。。。

★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

心臓が痛い! (高2男子 バスケットボール)

この治療家という職業を10年もやっていると、習っていない症状でもそれに対する治療法を発見することが時々あります。
先日報告した『咳』や、『群発頭痛』、『ぎっくり腰(新しい対処法)』などもそうですね。
まだあった気がしますが、ちょっと思いつかない(←老化)

今回ご紹介する『心臓が痛い』症状についてもその一つ。
心臓が痛いと言っても、本当に心臓という臓器が痛いわけではないと思うのですが、患者さんの感覚として「心臓が痛い」と訴えます。
その他「動悸が酷くて目の前が真っ暗になる」という場合もそうです。私の母親ですけどね。
昨年夏、母親が体調が悪く、上記の訴えをするので(前胸部や頸部の緊張・歪みだろう)と思って治療したら、そこではなかったんですね。ある部分が異常に固いところがあり、それが原因でした。
とはいえ、一人の症例では(ここが心臓に関連する)とは確信がもてません。
今年になってから、友人たちと家で飲もうということになり、車で買い出しに行った際、同じ後部座席に座っていた友人が「最近心臓が痛くて……。今また痛い」と言うのです。
これはもしかしたらと、母親の時と同じ部分を触診するとやはり固い!
そのまま車の中で治療したら、思った通りすぐに痛みが取れて楽になりました。これで確信しました。
でも心臓が痛いからと言って真っ先に当院を選ぶケースはまず無いといっていいので、なかなか仕事で治療する機会は巡ってきません。
しかし……。

数週間前に足首の捻挫をしたという高校生が母親と来院されました。
かなり遠方にお住まいの方で治療日程が合わず、ようやく来院されたのですが、そのときはほとんど痛みはなくなっていました。(これはお金もらいづらいな……)
でも大抵の場合、スポーツしている子は全身が疲労しているので、早めに全身のメンテナンス的な治療に切り替えました。
すると、心臓に関係した箇所だけが特別に固くなっています。
「ここはね、心臓の動きにも関連するところですよ」と説明すると、
お母さんが、
「実はこの子、中学の頃から『心臓が痛い』って言うんです。病院に行っても原因がわからないし……」
と言うではありませんか。
もう大丈夫ですよ。やはり来てよかったですね。
じっくりと緊張をほぐして終了です。これで普通に料金をもらえます(笑)
その後は来院されていませんので確認は出来ませんが、母と友人の例からして多分(当分は)大丈夫でしょう。教えたストレッチで再発予防が出来ることを祈っています。

★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

風邪の後遺症? 激しく咳き込む咳(40代 男性)

定期的にメンテナンスで通院している方。
待合室で待っている間中、強く咳き込んで苦しそうです。仕事が重労働でいつも体調は悪く、風邪でもないのに空咳がでることも珍しいことではありません。
しかし、ここまで酷いのは珍しいこと。

前週に38度近い発熱があり、その後、咳だけが残ったということですが、例えて言うなら内臓が飛び出してくるような強く激しい咳です。
もともと首が悪くて空咳が出やすい体質なのに、風邪も絡んで酷くなったのでしょうか。
空咳は今年になってから、それを止める方法が見つかり、この人もすっかり咳をしなくなっていたのですが、ここまで酷いと完全には止まらないかなぁ、と思いました。
でも、治療後は少し咳が出るものの、かなり落ち着きました。
風邪が絡んでいても、咳を止める方法は効果があるようです。
風邪以外で咳に悩んでいる方は当院へどうぞ。秒殺で咳が止まります。


★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

Try everything! マスターズ  北陸選手権は棄権

先週、鍵の閉じ込みでケチが付いた感じでその後も練習できず、よく考えてみたらレース前2週間で1回しか走っていませんでした。
さすがに不安というか自信がなかったので、北陸選手権は棄権することにしました。
今年は来月行われるビッグスワンカップだけに掛けます!

今日も朝から雨模様で、時折強く降っていました。ですが、笹神体育館でアップしていると、ちょうどその後1時間だけ雨が上がるというジンクスは生きていました。
週2回の練習をノルマに、もう1か月頑張ります。

★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

Try everything! マスターズ やってしまった……。

やってしまいました。。。
来る9月3日(日)に北陸マスターズ選手権を控え、最後の調整入るはずが、自宅から脱出できません。
今朝、準備万端に車に荷物を入れ、さあ出発! というときに何とキー閉じ込みをやってしまいました。。。しかもスペアキーも充電のため車内に置きっぱなし。自宅にいながらこの体たらく。
JAFに連絡したら2時間待ちとのこと。_| ̄|○ ガクッ
しょうがないので自宅裏の河川敷で走ってきます。
今年は近くにいい場所を見つけたので、笹神体育館に行かないときはここで走っているんです。
DSC_0185.jpg 

河川敷の公園なので、車がほとんど通りません。人も来ません。
だから気兼ねなくダッシュに専念できます。
では、これから反省しながら走ってきます!


★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

今までの症例とは違うシンスプリントの痛み(高2男子 バスケットボール)

2週間前から右足シンスプリントの痛みが出てきました。最近になり、右足拇指球に体重を乗せると親指から土踏まず、シンスプリントの部分まで痛みます。

思っていた以上に下肢全体の緊張がひどく、まず先に筋肉治療を行いました。
特に膝下の張りが強くて、十分に緊張を取ったとはいえない状態でしたが、時間もないので患部の治療に取り掛かります。
シンスプリントの痛みは、過去に一例だけ除いて簡単に取れていましたが、今回はなかなか痛みが変わりません。(痛みが取れない二例目になるのか……)と少々焦りが出てきます。
幸い最後の患者さんだったので、遠方から連れてこられたお母さんに時間延長を承諾してもらいました。焦らず冷静に診断しようと気持ちを切り替えます。
拇指球に体重を乗せると土踏まず~シンスプリントの部分まで痛みがはしるというので、その関連性を確かめるべく足首の治療を行います。
すると神が舞い降りたのか(笑)、先にシンスプリントの圧痛が取れました。なるほど、こっちの方向の痛みもあるのですね、患部に触れずに痛みが取れました。勉強になりました。
拇指球からの痛みは足首までに変わりました。
最終的に、これは二骨間転位の痛みと判明しました。横方向で若干痛みが残りますが、ジャンプしても大丈夫になりました。

親子ともども、笑顔で帰っていかれるのをホッとした気持ちで見送ると同時に、以前痛みが取れなかったシンスプリントの一例を思い出しました。もしかしたら今回と同じケースだったのかもしれません。ちょっと気になります。

★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》
プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR