自己療法シリーズ・ちょっとした痛みや疲労回復にどうぞ

久しぶりの自己療法シリーズ。(何がいいかな~)と選んでいましたら、最も基本的で大事なものをまだ紹介していないことに気がつきました。
もう、基本中の基本ですね。日ごろの施術でもときどき使います。というか、マザーキャットができる前(平成21年以前)は、当たり前のように使っていた手法です。
今は休刊している『にっこり通信』の創刊号でもいの一番に紹介してあります。今回はそのにっこり通信からの転載です。

◎指撫法(しぶほう)
 もっとも手軽で安全、しかも効果の高い自己療法です。肩こりなど、他人にやってあげても喜ばれます。簡単そうに見えて実は難しい手法ですが、いくつか注意すればかなり効果を期待できます。(*゚▽゚)ノ
 簡単に言うと、やさしく撫でる方法です。

良くなるところ:筋肉の痛みや疲れに効果があります。
 ①両手または片手の指の腹を使います。
 ②自分自身の手首の方向に引いてなでてください。
 ③なでる方向は縦と横、交互に。
sibuho.jpg

留意点
*触り始めはそうっと行います。そのとき、微妙に指を伸ばします。
*指先、手首、肘の力を抜いて、上腕の動きでなでるようにします。
*ゆっくりと、やさしく、なるべく長い距離を、一定の圧力でなでます。
*強くやったり、長時間するのはやめましょう。一か所2~3分が目安です。

実はこれ、通信ではかきませんでしたが、私が最初に自然形体を注目するきっかけになった手法です。
平成10年、当時ようやく普及してきたインターネットで検索中、偶然目にした故・山田先生のHPでこの指撫法が紹介されていたんです。
たまたまそのとき、バスケットボールの疲労から軽い膝痛があり、半信半疑でやってみると……。
なんと、ピタリと痛みがなくなったのでした。(何これ!凄い)
そのときはネットの文章だけでやったので、かなりいいかげんなやり方でしたが、それでも痛みがなくなったのは衝撃でした。
だからこそ、娘が紫斑病になった時に(この治療にかけてみよう!)と思ったんですね。懐かしい。
ぜひ、お試しあれ






◎庭の花シリーズ
最近、裏庭に植えた可愛い花です。名前はまたあとで
(読者の方から教えていただきました。ゲンノショウコです)
庭の花 356




 ↓緑のバナーをクリックで投票していただけると嬉しいです

人気ブログランキングへ 

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

健康法シリーズ 「身体を柔軟に、腰痛予防、ウエストの引き締め」

健康法シリーズです。
今回は「ひねり松葉」というストレッチの一種です。

ひねり松葉
 健康維持にストレッチ体操をする人は多いと思います。しかし、やり方を間違えると効果がないばかりか、身体を痛めてしまいます。

良くなるところ=下肢の裏側をストレッチすることで、身体をどんどん柔軟にします。身体を捩じることでウエストを引き締めます。腰痛予防にも効果大。

やり方
(1)軽く開脚して座り、足首を甲屈(爪先を頭の方向に向けるように)します。
  これで痛みが出る場合は、無理に後屈しなくてもいいです。柔軟になってきてからでOK.

(2)左からやる場合は、身体の横に左手をついて上半身を捻りやすくします。ここから上体を倒して右手を左足の土踏まずの方向に伸ばします。(写真参照)
 足に手が届かない人は無理しないでください。すっと伸ばして最初に抵抗がかかるあたりで止めてください。
 痛みを感じる場合は強すぎます。痛くない範囲でやってください。

(3)顔・上半身は、振り返るようにしてねじって静止し、ゆっくり10くらい数えます。
  このとき、指先の位置が足のどの辺にあるかを覚えておきましょう。次に伸ばすときの目安にします。
(4)いったん、身体を起こしてリラックスしてから、もう一度同じ方向に身体を捻りながらすっと手を伸ばします。
  先ほど覚えた指先の位置から、1センチでも先に進んでいればOKです。
  同じ方向を3回くらいやりましょう。(2)~(4)を繰り返します。 
(5)次に右方向も行います。
  同様に、指の位置を覚えておきましょう。(2)~(4)を3回繰り返します。
(6)そうしたらまた左に戻り、これを何度も繰り返します。
  すると、何も頑張っていないのに、どんどん深く前屈できてくるはずです。
  ある程度、納得のいく位置まで身体が柔軟になるまで、繰り返し何度でもやってください。
  痛みを感じない強さであれば相当の回数を行っても身体は無理しません。
(7)終わった後は、立ってから両手を腰の後ろで組み、軽く腰に当てながら軽く後ろに反らして伸びます。これは、「ひねり松葉」が前屈姿勢で行うため、前かがみの姿勢の癖が残らないようにするためです。背筋が伸びた良い姿勢で終わるようにしてください。

matsuba.jpg


留意点
*身体が固い人ほど、最初は開脚度を少なくし、徐々に開いていきます。膝は曲げないように。
*反動をつけたり、痛くしてはいけません。これは他のストレッチ体操でも重要なことです。痛みに耐えて頑張っても効果がありません。「弱めに長めに」が基本です。

2014/10/28 改訂


 ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。

人気ブログランキングへ 
★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

健康法シリーズ開始。疲労回復・冷え性・不眠症などに《爪先回転運動》

自己療法との違いは微妙なところもありますが、広く健康増進に効果があります。本来は健康鍛練法といいますが、鍛練の部分を省略して健康法として紹介します。今後、自己療法シリーズと並行して少しずつ公開していきます。

◎爪先回転運動(仰臥位)
 効果が期待できる症状など……疲労回復・冷え性・不眠症・内臓不調・肩こり、など

《やりかた》
(1)仰向けに寝た状態で行います。
(2)両足首を同時にくるくる回します。(内回し、外回しどちらでも)
(3)10回やったら逆回しで10回やります。
(4)これを3回繰り返し(計60回)で1セットです。
(5)3セットをめどに行いましょう。

※冷え症でやっても足が温まらない場合は、少し力をいれて回します。
※リラックスして呼吸しながら行いましょう。
※痛みがあったり、きついと感じた時はやめましょう。



《庭の花シリーズ・やわらかな夕陽を浴びるつつじ》
庭の花 252




クリックのご協力をお願いします。
↓「人気ブログランキング」

人気ブログランキングへ 

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

健康にいいのは腹式呼吸ではなく胸式呼吸です。自己療法シリーズ《バンザイ呼吸》

自己療法シリーズです。

◎バンザイ呼吸

 気分をリフレッシュし、酸素をより多く体内に取り込みます。
 また、肋骨を上げ、気管支の緊張を和らげるため、いびき、パニック障害、不安などにも効果が期待できます。

(1)立っていても座っていても出来ますが、高齢者の方は転倒防止のため、座った状態で行いましょう。
(2)大きくバンザイをして深呼吸をしますが、ポイントがいくつかあります。
   ・両手はあまりピンと伸ばさず力を抜きます。
   ・後ろに反りかえりながら、手、目、口を大きく広げて行います。
    ※手、目、口を大きくあけることで、より大きく反ることができます。
    ※腰椎椎間板ヘルニアの方で反って痛みが出る場合、この体操はしてはいけません。
(3)1回から数回深呼吸したらゆっくりと吐きながら手を下ろします。
(4)以上を数回繰り返しますが、手を斜めに開いて行うと胸が広がり、真っすぐに上げると肋骨を引き上げますので、二通り混ぜてやると効果的です。

普段私たちは、デスクワークや車の運転など、つい前かがみや背中を丸めて作業しがちです。
胸の筋肉が緊張したり縮んだりすると、心臓にも悪影響を与えますので、ときどきこの体操をするといいですよ。

あと、誤った常識なんですが、《腹式呼吸》が身体に良いというのは基本的に間違いです。腹式呼吸は本来、身体を緊張させる呼吸法で、昔サムライが息をひそめて自分の気配を消すときにも使われました。精神を集中するときやカラオケでうまく歌うときなどは腹式呼吸がいいのでしょうけど。
健康のためには酸素がたくさん必要です。そのためには、胸を大きく広げる胸式呼吸がベストです。理屈からいっても、酸素を取り込むのは腹ではなく肺からですね。
パニック障害や喘息なども、息をうまく吸えないことが要因の一つです。

論より証拠。やってみると本当に気持ちがいいですよ



↓「人気ブログランキング」クリックの
  ご協力をお願いします。
人気ブログランキングへ ←1人1日1回のクリックが有効です。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

入浴効果を持続させ、疲労回復に効果がある方法(公開)

◎入浴効果を持続させる方法は超カンタン。お試しあれ。
 (今後、ときどき自己療法を紹介していきます)

《方法》
 湯あがりに、次の順序で、水でしぼったタオルで身体を拭くか、水シャワーを掛けましょう。
    足→手→顔→頭→腹と胸→背中
 ただし、タオルの場合は拭いているうちに体温でタオルが温まりますので、3~4回絞りなおすことが必要です。


《理由》
汗腺を引き締めることで湯ざめを防ぎ、身体の内部に熱がこもって入浴効果が持続します。その結果、回復力と新陳代謝、免疫力が高まります。

《注意》
あくまでも、身体の表面を瞬間的に冷やすことが大切です。時間をかけたりして筋肉を冷やしすぎると血行が悪くなり、症状を悪化させることがあります。

どうですか。これなら簡単にできますね。え?冷たいのは苦手ですか?
それならちょっと水にお湯を混ぜて、あまり冷たく感じない温度から始めましょう。
この方法だと、湯冷めしないので真冬でもしばらく薄着でいても寒くないし、気持ち良く感じるほどです。

《体験談》
Aさん:「初日から効果を感じました。夜中に必ずトイレに起きていたのに、起きなくなりました」
    これは、身体が冷えないお陰でトイレが近くならないんですね。
Bさん:「本当に気持ち良くて、風呂に入るのが楽しみです」
Cさん:「子どもの頃から風邪をひきやすい体質で、年に5~6回風邪をひいていたのに、まったく引かなくなりました」←(私です


↓「人気ブログランキング」クリックの
  ご協力をお願いします。
人気ブログランキングへ ←1人1日1回のクリックが有効です。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR