「笑顔が増えて幸せ」。リウマチが順調に回復中。

昨年秋から週2回のペースで通院している60代女性。
全身ほとんどの関節に痛みと可動制限、その他動悸・呼吸困難などがありました。そのせいで、春先までは常に暗い顔で来院し、痛み・不安・疑問を訴えていました。
「リウマチ因子の攻撃だと病院で言われた」
「薬を中止したけれど、血液検査の数値が悪化している」
「様々な痛みで眠れないし、寝てもすぐに痛みで目が覚める」等々、数えれきれないほど。

でもこの方の偉いところは、私の指導によって薬(リウマトレックスなど)を一切止めたことです。それは私の説明をすぐに(ある程度)理解してくれたのと、何年も副作用に悩まされてきた、ということがあります。
10年間薬を飲み続けても、治っていないどころか悪化していくことへの不安と疑問。血液検査の数値だけは薬で下がることはあっても、痛みなどの症状は改善していなかったのです。
そしてもう一つは、ご主人の理解と愛情の深さです。車で片道2時間以上をかけて冬の吹雪の中でも運転。奥さんが痛みで弱気になっているときは、自然形体を信じなさいと励ましてくれました。
「周囲の人から、送迎も大変でしょうと言われますが、ここにくれば妻も楽になって笑顔になれる。それは何ものにも変えられませんから」

そう、自然形体の治療後は痛みも苦しさも楽になり、笑顔で帰っていかれるのです。しかし、良い状態は数時間~1日くらいしか持ちません。
しかし痛みの原因はリウマチ因子の攻撃ではないし、薬で強制的に数値だけを改善しても意味がありません。薬を止めれば一時的に検査結果(数値)は悪くなりますが、これは気にする必要がありません。それが嘘いつわりのない現状の姿だからです。
実際、当院での自然形体療法を続けていくうち、数値は徐々に悪化しましたが、痛みや腫れは改善してきました。痛みが改善していけば、今後自然と数値は正常値に戻るでしょう。

最近は、ほとんど可動のなかった右手首が見違えるように動くようになり、熟睡できる日の方が多くなりました。もちろん、治療前から笑顔でいらっしゃることが多くなりました
「テレビを観ていて涙が出るほど笑うこともあって、本当に幸せを実感しています」

この方のほかにもリウマチ患者さんがたまに来院しますが、やはり「因子が…」「炎症反応が…」とおっしゃいます。痛みの原因が因子の攻撃であるなら、自然形体の治療で一瞬にして痛みが消失または軽減するのはなぜでしょう。けっして暗示などでごまかしている訳ではありません。痛みの原因をそれに適合した方法で治療してやればいいのです。痛みの原因は一つではありませんし、この理屈を知ってしまうと、薬で治るはずのないことが良く理解できます。

次回は、最近流行の(?)、生物学的療法についてです。




 ↓緑のバナーをクリックで投票していただけると嬉しいです

人気ブログランキングへ 

テーマ : 日記
ジャンル : その他

30代からのリウマチ。今は足首の腫れと痛み。

リウマチ(足首)、首・肩痛(50代 女性)
30代からのリウマチで、両手首と両足指はもう固まってしまった。今は左足首が痛くて腫れている。医師からは生物学的製剤を勧められているが、そろそろやったほうがいいのかと思っている。

施術と結果
リウマチのほか、15年くらい前から首・肩痛があり、最近特にひどくなって首が回らなくなったということです。リウマチは長期戦になるので、今日はとりあえず首・肩痛を優先しました。
首すじ~肩にかけて触ってみてビックリ! 筋肉が骨のように固くなっています。僧帽筋全体がカチカチです。
マザーキャットで少しずつほぐしていくと、それにつれて痛みもとれてきました。
「痛くないし、首もだいぶ回ります。昔の私に戻ったみたい
まだ芯の固さは残っていますが、これは当然リウマチよりも早く改善します。

問題はリウマチです。初回の今日は、首・肩治療を優先したため足首の治療は10分程度。でも痛みは軽くなっているはずです。
施術後立ってもらうと、「痛くありません
とはいえ、今後もしばらく痛みの再発との戦いです。また、本格的に治療するには、リウマチに関する薬を止めてもらう必要があります。薬は身体の回復力を奪ってしまうからです。
生物学的製剤もあまり効果が無いことを認める医師もいます。初期のリウマチに処方せず、重症化・長期化してから勧めるのは、本当は効果が無いことの証明です。
因子が痛みの原因というのは、明らかな間違いです。因子の攻撃が原因なら、10分間のマザーキャット治療で痛みがなくなるはずがありません。
それでも「そんなものは偶然だ」と言う人が必ずいます。もしそうなら、毎回例外なく痛みがなくなる偶然が起こる確率はどれくらいなんでしょう。きっと天文学的な数字になるでしょうね

さてこの患者さん、昔から知っている方でしたが、今日20年ぶり?くらいに会って、長年リウマチに悩まされていたことを初めて知りました。
いつも明るい笑顔を振りまいていた印象しかありません。長年の苦しみ、何とかしてあげたいですね



 ↓緑のバナーをクリックで投票していただけると嬉しいです

人気ブログランキングへ 

苦しくて玄関に倒れ込み。リウマチ患者の場合。

以前、症例報告したリウマチの患者さん。
昨日、急きょ夕方に予約を入れ、いつものように旦那様の運転で来院されたのですが。。。
玄関を入ってくるなり、倒れ込んでしまいました。半分意識がない様な状態です。目が開かない、声が出ない、息も絶え絶え。抱きかかえて治療ベッドまで運びましたが、「苦しい、痛い」と消え入りそうな声で訴えています。
客観的にみて、普通なら間違いなく救急車を呼ぶケース。
胸が苦しく息ができないのは、原因が分かっているから落ち着いて施術はしていますが、(このまま死んじゃわなければいいが…)と一瞬不安にもなりました。


この方は10月いっぱいまで週2回程度の施術を行っていました。ご主人の運転で車で片道2時間(高速道利用)の道のりです。その後、当院に来るきっかけを作ってくださった師匠の山田先生から、『私の治療を集中的に受けてみませんか』と声をかけていただいたそうで、1か月ほど先生のいる大阪に滞在して治療を受けていました。
そのおかげで、私の施術ではなかなか痛みが取れなかった足指と右手首の痛みがほとんどなくなりました。
しかしかなりの重症だったことから、アフターケアを私が引き続き担当することになったのでした。
ということで久し振りに元気な顔を見られるはずだったのですが。。。
どうやら長旅のつかれと、一人でホテルにこもっていたストレスなどが重なったようです。こちらへ向かう途中からどんどん悪化したといいますから、車酔いなどもあったかもしれません。

息苦しい、背中が痛い、首が痛い、頭が痛い、気持ち悪いという状態で下が、治療のかいあって、次第に容態も落ち着き、すやすや眠るような感じになってきましたが、問題はこの後です。
また2時間も車に乗って帰ったら、また悪くなるかもしれません。もしそうなったら、いくらマザーキャットを買ったとはいえ、まだご主人一人では対応できないでしょう。
このまま帰すのは非常に怖いです。

「私、自宅まで行きましょうか?」
ご主人の顔がパッと明るくなりました。
「おい、どうする? 先生から家に来てもらうか?」と奥様に訪ねると、
「お願いします。このままだと怖いです…」との返事です。
では行きましょう!
妻に状況を手短に伝え「頑張って」と送り出されると、一路◯◯市へ。
午後8時自宅を出発。10時前着。

当院に来たときよりはいいですが、まともに立って歩けません。やっとの思いで家に入り、肌寒いリビングで治療です。焦らず、自分を信じて、自然形体療法を信じて……。
次第に痛み・苦しみも楽になり、目も開けられるようになりました。体温が低いのはきっと夕食を食べていないせいもあるでしょう。
起きて何か口にできるようだったら、温かい飲み物でもと提案すると、ご主人がせっせと夕食の支度をしているところでした。仕事の合間を縫っての送迎といい、奥さんの世話といい、本当にご主人の心の温かさと愛情の深さにはいつも心を打たれます。

私の分も夕食を用意していただき、奥様が自分でつけたキムチやガリなども美味しく頂きました。ご本人も、卵スープや、ご飯物を少し口にしていたら、どんどん体調が戻ってきました。そのうち口数も増え、笑顔もでるようになりました。いつもの明るい奥様に戻ってきました。
「ああ、やっと眠れそうです」
その言葉と笑顔を見れば、もう帰ってもいいでしょう。
午後11時発。午前0時45分着。
ちょっと疲れましたが、元気です。

今朝9時にメールが来ました。
『(略)昨夜は久し振りに熟睡できました。ありがとうございました。(略)」と。
よかった。安心しました。

今日、このことを妻に報告していたら、
10年前、長女が紫斑病で山田先生の治療を受けていたときを思い出したと言います。
そう言えば、治療を受けて元気になっても、自宅に帰るとまた悪くなってしまうときが何度もありました。当時、先生の治療院までは車で40分でしたから、また治療に行ったこともありました。それでも(先生の治療所に泊まることができたなら)と何度思ったことでしょう。
東京にいる先生に電話したとき、「月曜に帰る予定繰り上げて、日曜に治療しましょうか?」と言われて、どれほど嬉しかったことか。

今度は私が人の役に立つ番です。
私を必要としてくれる人がいるのなら、いつでもどこでも飛んでいきます。


↓「人気ブログランキング」クリックの
  ご協力をお願いします。
人気ブログランキングへ ←1人1日1回のクリックが有効です。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

辛い全身リウマチ。でも帰りは笑顔です。

◎リウマチでとても辛い。でも、この治療に懸ける決心を。
60代 女性 主婦

(症状)
9年くらい前から慢性関節リウマチ。整形外科と内科を受診している。今日で4回目の治療。初診時は右手首が一番辛いと言っていた。他に手の指、肩、背中、腰、股関節、膝、足首、足の指、アキレス腱の痛み。
両足が冷えて眠れないため、厚手の靴下を夏でも履いている。
片道2時間かけての通院。(夫の運転)

(初回から今日までの経過)
初回…全身症状と不安で表情も暗く、見るからに辛そうな状態。しかし施術中から両足が温かくなり、施術後は身体が楽になった。
2回目(1週間後)…「この前治療してもらった夜から、靴下を履かなくても足が冷たくなく、素足で眠れました。今までは、膝から下の感覚がなく、靴下の繊維が当たっても痛い、寝具の重さでも痛かったのが、ウソのように楽です。」と嬉しい報告。すごく身体が楽になったといって、施術中も笑顔で話も弾む。

今まで服用していた薬は、リウマトレックスのみ。痛み止めは身体に悪いので飲まないと決めているが、リウマトレックスを飲んでいるからと言って治るわけでもなく、身体も辛いし痛い。医者に言えば薬の増量を勧められるので我慢している。
2回目の施術後、薬をやめた方がいいかどうか質問された。


私「では、今日からやめてみましょう。または症状が出て不安だったら飲むことにして、なるべく飲まないように頑張ってみましょう」
患「自己免疫が自分を攻撃するというので免疫を抑える薬だそうですが、大丈夫ですか?」
私「その考え自体が間違っています。何年も飲んでいても治らないでしょう?」
患「はい、医者に聞いても、そういう説もあるけどもはっきりしていないとも言ってます」
私「そんな薬、必要ありませんね」

リウマチは極度の疲労が原因です。自己免疫は関係ありません。変形は痛みを回避するための自己改造です。痛みがあるうちは改善します。改造(変形)が終わると痛みはなくなりますが可動が極端に少なくなりますから、早めの施術が大事です。
こう説明しても信じない人が圧倒的でしょう。しかし、10年近くも薬を飲んでいて治らず苦痛で来院した人が、たった1回の治療で見違えるように元気になり、痛みも腫れも引いているのです。理屈はともかく、どっちを選んだほうが幸せなのでしょう。
答えは明白ですね。


3回目(2日後)…一番痛くて辛かった右手首の痛みが和らぎ、可動もついた。「左手首より楽になりました!」
4回目(5日後)…前回の治療後、少なくしていた薬をやめる決心をした。ところが、昨日の朝から調子が悪い。今まで調子良かっただけに、なおさら辛く感じる。肩甲骨、腰、アキレス腱が特に痛い。

(4回目の施術と結果)
薬をやめると、それまで無理に抑えていた症状が急に出ることがあります。ここを乗り切ればさらに快方に向かいます。施術後は全身の痛みが消え、笑顔が戻りました。
「私、薬を飲むのをやめました。よろしくお願いします」とお願いされました。
大丈夫です。お任せください

(随時経過をお知らせします)

↓「人気ブログランキング」クリックの
  ご協力をお願いします。
人気ブログランキングへ ←1人1日1回のクリックが有効です。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR