雪下ろしで無理をして、足首が曲がらない、股関節~膝にかけても痛い。

今年の豪雪は身体にもこたえましたね。除雪作業は重労働&長時間なので大変です。私も週一度、マシントレーニングを少しやっていますが、あんなものじゃありません。延々と筋トレをやっているのと同じですから。


◎症状(50代 女性)
2月末頃、庭の除雪作業をした。スコップで雪を投げていた時、左足全体を捻った感じになった。後になって、足首が痛くて曲がらなくなったが、自然に治るのと思って湿布程度にしていた。しかし、だんだん左膝や太ももなどにも痛みが走るようになってきた。左足だけ靴下を履くのが困難。階段は手すりにつかまらないとダメ。家事で立っていると、左足だけ冷たくなってくる。

◎施術と結果
問診の段階で、考えられる原因は、筋肉疲労からくる痛み、関節の動作転位、腰椎を捻ったことによる神経の痛みなどです。全身の触診でかなり疲労がたまっているのが分かったので、まず筋肉治療からです。
左足を腹屈させたら、痛みがありました。これは動作転位ですね。個の姿勢ではすぐに痛みがなくなりましたが、起きて確認すると、まだきついようです。足首も動作転位がありました。
再び仰向けで治療していると、
「足が温かくなってきました」と。いい感じです。
もう一度立ってもらったり、靴下を履く動作をしてもらったりすると、だいぶ楽にはなりましたが、足首がまだすっきりしません。ということは……。足底のアーチが問題ですね。
立った状態でアーチを正常にする治療をすると、
「あっ! すごく楽です! 全然違います
治療ベッドの上り下りも問題なし

念のため自己療法を2種類指導して終了~です。
最近は足底のアーチに関する痛みが多いですね。リウマチの患者さんもそうでした。リウマチの痛み(因子の攻撃)と思われているものでも、実は歪みや動作転位が原因であることが多いのです。



↓「人気ブログランキング」クリックの
  ご協力をお願いします。
人気ブログランキングへ ←1人1日1回のクリックが有効です。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

捻挫の後遺症の原因は?

(症状)
中学2年生 女子 バレーボール部
20日ほど前、試合中にアタックして着地する際、相手チームの選手の足に乗ってしまって捻挫した。靭帯損傷という診断で、1週間ほどギブスで固定して松葉杖も使っていた。
その後、リベロ(守備専門のポジション)で無理しない様に練習していたが、なかなか痛みが完全に治らない。
立位から軽く膝を曲げた状態で痛みがでる。ジャンプすると痛い。

(施術と結果)
捻挫の後遺症で、最後まで残りやすいのが動作時の関節のずれ(動作転位)です。師匠の山田先生の症例では30年以上もその痛みが残った人もいたそうです。
靭帯損傷と診断されるくらいですから、内出血もするし、筋肉も傷めている場合が多いです。しかし、この患者さんの場合は、圧痛がありません。内傷は治っているとみていいです。
あとは動作法ということになりますが、軽く筋肉治療をしたあとに動作転位を解消する手法を、仰臥位と立位で行いました、しかしほとんど変化がありません。
ということは原因は別にあることになります。
調べて行くと、引っ張っても痛みが出ることが判明しました。おそらく、ギブスで固めたのがもとで筋肉が縮んでしまったのでしょう。マザーキャットも使いながらゆっくりストレッチしてあげると、かなり可動がつきました。
1週間後の大会に間に合わせたいと、遠方からの来院で、遠征等もあり今日しか治療に来れないとのことでした。
縮んだ筋肉をストレッチする自己療法を指導して終了です。
どこまで回復するかは分かりませんが、エースアタッカーの復活をチームメイトも待ち望んでいるでしょう。再来院できない以上、あとは祈るのみです。
頑張ってね!

↓「人気ブログランキング」クリックの
  ご協力をお願いします。
人気ブログランキングへ ←1人1日1回のクリックが有効です。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

足が痛くて歩けない男の子

4歳 男の子

(症状)
2週間前に転んで額を強く打ってから、鼻づまりや歯の痛み、肌荒れがある。
昨日の夕方からは急に左足首を痛がるようになり、立って歩けなくなった。今朝は足を触っても痛がっていた。
レントゲンを撮ったが骨には異常がない。捻挫でもしたのだろうか、という病院の診断。

(施術と結果)
触って痛いところはない様子ですが、少し腫れている感じです。そうなると一番考えられるのが動作時の関節のずれということになります。鼻や肌荒れ等は転倒による首の歪みが原因で間違いないでしょう。足の痛みは直接首とは関係ありません。
足首の痛みは、私が動かしたり触ったりする分には痛くなくなりました。
ただ、なかなか立って歩こうとはしません。怖がっているのか、まだ痛いのか、それとも甘えているのか? このへんは聞いても答えてくれない部分もあり、非常に難しいところです。
お母さんが触っても痛がる様子がなく、「今朝よりはずっといいです」ということで、施術を終了しました。
「甘えているのかもしれないので、あまり歩くことを強制しないでください」とお願いしました。

乳幼児の治療は会話がスムーズじゃないことから、原因の診断や結果の確認が難しいです。
今回も、家に帰ってからどうだったかな、と気になっていましたが、夜になり、メールでお母さんから報告がありました。
(以下、原文のまま)
今日はありがとうございました♪現在、次男と一緒に何事もなく遊んでおります。夕飯後に自転車に乗ってパパと4人で散歩に行きました。始めは「足が痛いから行かない!」と言っておりましたが元気良く自転車をこぎ始めました。ありがとうございました(^o^)

そうかよかった

「人気ブログランキング」クリックのご協力をお願いします↓。
1人1日1か所のクリックのみ有効です。
人気ブログランキングへ

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR