病院でヘルニアと診断されたけど、実は…

30代 女性 介護職

(症状)
1週間前、朝起きた時から右腰が痛い。初めての経験。寝返り、立ち上がる時にも痛い。一番悪い時は、右足(太ももの前側)も痛かったが、その後落ち着いた。整形外科では「軽いヘルニア」と診断され、痛み止めをもらった。

(施術と結果)
最初にベッドに腰をかけてもらったら、身体がねじれているのが良くわかりました。(これはヘルニアではない)とほぼ確信しました。
仰向けになってもらい、歪みを矯正する前に周辺の筋肉の緊張をとろうとしたときに痛みが出ました。そこで、歪みをとる施術をしました。
そして、直前に痛みが出た施術を…
「あ、痛くありません!」
寝返りを打っても大丈夫。 座った状態から立つときも、歩いてもまったく痛みはありません。
念のため、またねじれが出た時ために自己療法を指導しました。
病院で診断されたヘルニアではなく、一時的なねじれなので、もう大丈夫でしょう。
こんなにうまくいくと、私のテンションも上がります

1クリックのご協力をお願いします↓。
1人1日1か所のクリックのみ有効です。
人気ブログランキングへ

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

椎間板ヘルニアは誰にでもある?

腰痛の代表的な病名に《椎間板ヘルニア》があります。これはなんらかの要因で椎間板が圧迫されて中身(髄核)等が飛び出したものです。動きの多い頸椎や腰椎のヘルニアが多く、胸椎への出現はまれです。
このヘルニアが神経を圧迫することにより、痛みやしびれといった症状につながります。同様に、ヘルニアにならないまでも、椎間板が潰れたり傷んでしまったりした椎間板変性の場合も、様々な症状が出ます。

しかし、ヘルニアや変性があっても、神経を圧迫しなければ全く症状がないということは重要なことです。
痛みやしびれの経験のない健常者を対象にMRI検査をすると、実に7割超の人に椎間板ヘルニアが、8割超の人に椎間板変性が発見されるそうです。言いかえれば、ヘルニア等は痛みの原因ではないということになるのでしょうか? 実際、ネットで検索してみると「ヘルニアは痛みの原因ではない」という世界的な研究論文(※注)を引用した記事が多く見つかります。
しかし、自然形体療法の臨床ではヘルニアや変性を想定した場合、それに対応した施術で改善しています。
したがって正解は、「ヘルニアや椎間板の変性は、痛みやしびれの原因ではあるが、MRI検査による写真は全く参考にはならない」ということになります。
ただし、中には脊髄腫瘍のような珍しい病気があるので注意が必要です。この場合は手術もやむを得ないと思いますが、腫瘍の除去手術により神経を傷つけてしまう恐れや、一部の神経をやむなく切断してしまうことがあります。さらに注意が必要なことは、このような神経を切断しなければならない手術であっても、病院によっては事前の説明が不十分な場合があります。手術しなければ確実に足が動かなくなるからと言われて手術を決断したのに、手術の30分前になって初めて「どこに関係した神経かは特定できませんが、確実に1本神経を切ります。場合によってはマヒするかもしれません。だから同意書にサインを」と告げられた実例を知っています。
幸い、手術後に手足は動き、他にも影響はありませんでした。「赤ちゃんの時しか使わない神経でよかった」と医者に言われたそうですが、もし大事な神経だったら…。

安全で効果の高い自然形体療法が、もっと広まることを願っています。

(※注)
Boos N.らによる研究。学術誌『Spine』1995年に報告され、ボルボ賞を受賞しています。

1クリックのご協力をお願いします↓。
1人1日1か所のクリックのみ有効です。
人気ブログランキングへ

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

我慢に我慢を重ねて、悪化したヘルニア

HPからの転載です。

57歳 男性 自営業

【症状】
 2か月前から急に悪化した。両方の坐骨に激痛がある。日によっては右側が特に痛いときがある。腰を伸ばして歩くことができない。自営業(小売)のほか、新聞配達を6年間やってきたが、最近は這うようにして配っている。どんな姿勢でも痛みがなくなることはない。手術をすると仕事が当分できないので病院へは行っていない。

【治療】
 1回目の治療ではあまり変化がありませんでした。自己療法を教えて1週間後、痛みはあまり変わりません。治療後も変化がありません。今までの患者の中でも最も重症の人で、仰向けになって足を伸ばせないし、腹這いにもなれない状況で、何種類かある椎間板の治療が痛くてできません。唯一できる治療も、その最中は少し軽くなるけど、やめると激痛が戻ります。尾骨の曲がりもひどく、山田先生(創始者:東京、新潟)の電話指導でも曲がりが治りません。そこで直接山田先生の治療を1度受けてもらいました。診断の結果、尾骨の曲がりは関係なく、椎間板の潰れがひどいとのことでした。レントゲンやMRIを撮っていないのでヘルニアになっているかどうか、はっきりしたことは分かりませんが、他のヘルニア患者と比べても症状が重いので、ヘルニアになっていることは十分に考えられます。また、たとえヘルニアになっていなくても、椎間板のつぶれがひどいと神経の圧迫が起きるので激痛となります。
 治療法としてはヘルニアも椎間板のつぶれも同じです。とにかく、このひどい痛みを軽くしてやらなければと思い、翌日から2週間毎日(日曜除く)治療することにしました。
 結果、毎日少しずつ良くなって行きましたが、1週間後の月曜日、「昨日の日曜日から急に痛みが軽くなりました」と初めて笑顔が見られました。その後も少しずつ回復していくのがわかり、その週のうちには仰向けになって足を伸ばしても痛くないし、他の治療法も痛みなくできるようになりました。一応尾骨の治療も並行して行いましたが、ほぼ真っすぐに回復しました。3週間目からは週2回の治療をする予定です。(2009年9月18日現在、継続治療中ですので、随時、経過を報告します)
 「新聞配達の時間が短縮したし、まっすぐ立って歩けるので本当によかったです。まだ少し痛みはあるけど、以前の激痛と比較したら痛みはないのと同じですね」と、安心した顔で話してくれました。
 完全回復までしっかり面倒見ますからね!

その後の経過
 (報告が大変遅くなりました。)
 2009年12月4日で治療を終了しました。まだ時々痛みが出ることがありますが、指導した自己療法ですぐに痛みがなくなるので、後は自己療法だけで完治すると判断しました。治療するごとに痛みが改善し、「完全回復へ希望がでてきた」と喜んだ時の顔が忘れられません。


↓「人気ブログランキング」クリックの
  ご協力をお願いします。
人気ブログランキングへ ←1人1日1回のクリックが有効です。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

手術しないで治したい!椎間板ヘルニア

HPからの転載です。

65歳 男性 農業

【症状】
 20~30年前からずっと腰痛があり、腰椎ヘルニアと診断を受けており、手術も勧められてきた。手術したくないので、注射や安静でしのいできた。今回は1週間前から調子が悪くなり、どの姿勢でも右の尻が痛く、夜も眠れない。夜中にトイレに起きるときは、やっとの思いで起き上がり、しばらく身体を丸めて座り、落ち着いてから立ちあがる。今回は病院での注射も全く効き目がない。

【治療】
 初回は仰向けで寝ることができず、横向きで寝た状態とベッドに腰をかけた状態で治療しました。2日後の2回目で仰向けになれましたが、足を伸ばすことができません。
 最初の半月を週3回、次の1カ月を週2回治療しましたが、少しずつ、また確実に日を追って回復していきました。治療後は全く痛みがなくなり、夜中に夜中トイレに起きるときも楽になったと喜んでいました。


↓「人気ブログランキング」クリックの
  ご協力をお願いします。
人気ブログランキングへ ←1人1日1回のクリックが有効です。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR