頭痛を伴う肩こり・首こりもお任せください。

今まで、肩こりのカテゴリがなかったのが不思議なくらい、腰痛・膝痛に次いで来院される患者さんは多いです。
開業当初は、なかなかその場で効果を実感してもらえなかったこともありましたが、最近は技術も向上して得意分野のひとつになりました

30代 女性 事務

(症状)
20年近く肩こりに悩まされている。今日は朝から頭痛もひどく、仕事を休んだ。ホームページをみて来院。

(施術と結果)
両肩ともパンパンに張っていました。まずベッドに腰をかけた状態で施術しましたが、この段階では「ん~、少し軽くなった、かな?」という程度です。
ベッドに寝てもらって、あらためて首を触診すると、こちらはカッチカチといったらいいのでしょうか。これでは頭痛もするはずです。寝た状態では首に力が入っていないので、どれだけ状態が悪いかよく分かります。
首の緊張とこりを取って行くと、患者さんのお腹がグーっと鳴ります。自律神経の副交感神経が働いて、内蔵が動き出した証拠です。
施術終了後は、痛い場所も辛く感じる場所もなくなりました。自己療法と肩こりの注意点を説明し終了です。

◎肩こりの原因と注意点 
 まず、原因は主に精神的な緊張から両肩を挙げた状態が続くことで、筋肉疲労がおこって凝りになります。この肩を挙げる癖というのはなかなかやっかいで、なかなかコントロールできません。仕事中はある程度仕方ない場合もありますが、これがご飯を食べていても、就寝中であっても肩を挙げたままになってしまいます。24時間肩を挙げ続ける訳ですから、疲労も極限になる訳です。
 対処法としてはまず、意識して肩を下げること、力を抜くことです。次に肩たたき・肩もみをしないこと。肩たたきは強くやればやるほど、打撲に近い状態になります。肩もみは筋肉をつぶしてしまいます。
 あとは自己療法をうまく取り入れることですね。これについては、文字だけの説明は難しいのでまたの機会に

↓「人気ブログランキング」クリックの
  ご協力をお願いします。
人気ブログランキングへ ←1人1日1回のクリックが有効です。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR