FC2ブログ

腕とその周辺の痛み。意外な原因を発見(50代 女性)

過去にも、症例報告にたびたび登場してきた妻の話です。と言っても半年ほど前のことです。
早めに報告しようと思いながら、後回しになっていました。

昨年秋頃、ちょっと2~3日、首や肩を気にしていると思っていたら、急に左上腕部を中心に強い痛みが出始めました。
特徴としては筋肉の硬直、上を向くと痛みが増大することがありました。
下を向いたり、少し右に倒したりすると楽になることもあり、最初は頚椎の椎間板を潰したかヘルニアにまでなってしまったか、という状態であろうと判断しました。
また、筋肉の硬直による痛み、これは上腕部、肩甲骨周辺の筋肉に異常な固さが見られましたので、いわゆる胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)、または頸肩腕症候群(けいけんわんしょこうぐん)も併発しているかもしれないと考えました。

この痛み、かなり強烈でした。
痛みが悪化してすぐに、夜も寝られないほどになりました。寝る前に毎日治療しているにもかかわらずです。
枕を高くしたりして寝ているのですが、夜中に何度も起きている様子。朝の5時頃にたまらず私を起こして助けるを求めることもありました。出勤前にも治療。会社が車で10分程度のところにあるので、痛みに耐えかねて昼休に戻ってきて治療を受け、また会社に行くということも。
仕事中は少しでも楽になればということで、いつも首を右に倒したままでいるので、周囲からも心配されていました。

次第に診断に迷いが出始めました。
頚椎とか上部胸椎の椎間板に問題がありそうなのに、なかなか改善しない。指の痛み・痺れはないので、単純な頚椎椎間板の損傷等ではないとも思いましたが、劇的に改善する治療が見つかりません。
頚椎や胸椎の牽引捻転で一瞬楽になりますが、その牽引中に痛みが強くなります。痛みの場所も、上腕上部、肘周辺、肩甲骨周辺と刻々変わります。
あまり筋肉が固くなるので、何か難病にでもなったかと不安にもなりました。
胸郭出口症候群や頸肩腕症候群の場合、その治療は整形外科的には薬物治療の他、鍼や温熱療法等による筋肉治療、あるいは休養といったところですが、自然形体療法であればもっとレベルの高い治療が可能のはず。
なんとかせねば(汗)

こうして一か月が過ぎ、それでも少しずつ痛みは改善していきましたが……。
ふと、ある部分に微妙な違和感を感じました。
(ここって、腕の痛みに関係する?)半信半疑ながらそこを修正すると、あら不思議。
「今までの治療の中で一番効果があるみたい。すごく楽になった!」
あ、ここですか。了解。
ならば自己療法も違うものを。
この後は劇的に改善していきました。難病でもなかったようでほっと一安心です。

しばらくしてから、新患の方で「腕が痛い」と訴える方がいらっしゃいました。
従来なら頚椎治療や筋肉治療を中心にするところですが、このことがあった後なので、最初に妻と同じ治療をしてみました。
すると予想どおり、その場で劇的に改善です。治療開始5分で結果が出ました。
一歩、前進ですね。



★ひろた自然形体療法院(阿賀野市小浮847)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR