痛みの場所はオスグットだけれども……(中2 女子 陸上)

整形外科でオスグットと診断され、約10日目に来院されました。
この症状では、かなり早めの方です。やはり紹介があると来院までがスムースですね。

痛む場所は右膝の脛骨粗面の部分で、圧痛はありません。
陸上のクラブチームで短・中・長距離と幅広く頑張っていますが、スピードを上げて走っているとだんだん痛みが出てくるそうです。
立位から膝を曲げていくと、大腿部が水平くらいまでになっても痛くなく、「痛くないけど、これ以上は曲がりません」と言うので(腿の前側が伸びないのかな)と思いました。
しかし、実は腿が伸びなくてしゃがめないのではなくて、足首の可動が悪くてしゃがみ過ぎると後ろにひっくり返るから、ということでした。
いわゆる(足首が固い)という状態です。でもこれは、足首の関節が硬いのではなくて、ふくらはぎが過労のため縮んでしまい、足首の可動を制限しているためです。
よくスポーツの指導者の中にも、「最近の子供は足首が硬い子が多い」と嘆く人を見かけます。
しかし、実は自分の指導で筋肉を固くしてしまったんだ、ということに気がついていないようです。

痛みの出る状況や治療時の状態からすると、オスグットではないのかもしれません。ジャンパー膝だともう数センチ上方のあたりが痛いことが多いです。では何かということになりますが、あまり重要な事ではありません。
どんな病名等がつけられようとも、子供のスポーツ障害に共通して言えることは、練習のやり過ぎ(やらされ過ぎ)で筋肉が固く縮んでしまっているということです。
固く縮んだ筋肉を、無理に使い続ければ必ず痛みになって帰ってきます。身体が悲鳴を上げているわけです。
縮んだ筋肉は身体も歪め、されに血行を悪くして体の細胞を栄養不足にします。この子も、足首周辺が異常に冷たくなっていました。
こんな状態で記録や勝利を求められる今の子どもたちは、本当に可愛そうです。気力や根性でカバーできる範囲を超えています。

さて、治療をひととおり終えましたが、スピードを上げて長く走らないと痛みがでないということなので、治療前の痛みがどう軽減したかは確認出来ません。
「大丈夫だと思いますが、もし走ってみて痛みがあったら来てください」と伝えて終了しました。

それから一週間後にメールがありました。治療後は全く痛みがなくて良かったのですが、6日めに県選抜の練習会で通常の倍以上走ったら痛みが出たということです。
急きょ、治療することになりました。初診の時と違って足は冷たくはなかったのですが、筋肉はまた固くなっていました。
治療することでまたしばらくは良いでしょうが、ちょっと継続してメンテナンスしたほうがいいようです。
ただ、痛みが再発するまでの間は身体も軽く、コーチが「膝が痛いって言っていたわりに、随分調子がいいじゃないか!」とビックリしていたそうです。
治療でコンディションを整えて、もっとびっくりさせてあげましょう(笑)





   ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。 人気ブログランキングへ  ★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR