医師に「薬を出すのは医療費のムダ」と怒られた、変形性膝関節炎が改善(60代 女性)

昨年の3月に階段で転んで右膝を捻ってしまいました。炎症をおこしたので整形外科で痛み止めと水抜き、ヒアルロン酸注射などの処置を行いました。
しかし、症状が改善するどころか、右膝をかばっていたで左膝も痛くなってしまいました。
座っていれば痛みはありませんが、立ったり歩いたりすると痛みます。
杖をついていてもかなり激痛で、座薬の痛み止めも全く効果がありません。
一旦、地元の整形外科から、ペインクリニックに変えて3か月通いましたが全く変わらず、また地元の整形外科に戻ります。
医師に「本当に痛いんです」と伝えると、薬を変えてくれますが、どの薬も効果なし。看護師からは「もっと強く先生に痛みを訴えたほうがいいよ」とアドバイスをもらう始末。
整形外科も変えてみますが、いずれも結論的には『膝軟骨のすり減り、老化、筋力不足』と言われまいした。片足立ちのトレーニングやとにかく運動しろと指導されて、頑張ってみますが痛みは改善しません。

こうして苦しい日々が続くと、うつ状態になってしまうといいます。夫を40代前半で病気でなくし、「もう十分生きたから長生きしなくていい」とまで考え始めたとか。
こうして一年以上過ぎたころ、長男のお嫁さんが「職場で評判のところがあって、ちょっと遠いけど、送ってあげるから行きましょう」と言ってくれました。

両膝を曲げてよたよたと治療室に入ってこられました。いろいろ話を聞きましたが、相変わらず整形外科の治療と指導はひどいものです。
まず、膝の痛みは老化・筋肉不足・運動不足はまったく関係ありません。片足立ちのトレーニングなんて症状を悪化させるだけです。腕の骨を負った人に腕立て伏せをさせているようなもの(ちょっと極端な例えですが)。
膝に溜まった水を抜いて、ヒアルロン酸を注射するのもよく行われる処置ですが、そもそも膝の水の主成分がヒアルロン酸です。内出血して血が混じったというならともかく、ヒアルロン酸を抜いたり足したりでどう変わるのか?
軟骨がすり減って関節のかみ合わせが悪くなり、そのために神経性の関節痛が出ることはありますが、軟骨そのものには神経がないので痛みません。

この方の場合、一番の原因は膝裏にありました。重症ですが、わりと単純なもののようです。変形性膝関節症の場合、たまになかなか痛みが引かない症例もありますが、この方の場合は治療するごとに痛みがなくなっていくことでしょう。

初回の治療後、「痛みはありますが軽くなりました」と笑顔で買えられました。
その10日後に2度めの治療。
初回の後は、家に帰ったら痛みが戻ってしまったといいます。
そしていつもの整形外科に行って「薬が効きません」と訴えると、とうとう医師が怒ってしまいました。
「あなたみたいに、いつまでも痛い痛いというような人には、医療費がもったいないから薬は出せません」と。医師失格ですね。

2度目の治療後は、家に帰って痛みが戻らないよう、車中での自己療法を指導しました。
3日後に3回目。治療後は痛みがなく歩くことが出来、「1年3か月ぶりに痛みがありません! 杖もいりません」と満面の笑顔。
その一週間後に4回目の治療。
どうやら3回目の治療後は、非常に経過もよく、近所のスーパーでも痛みなく買い物ができ、レジの人たち全員にびっくりされたとか。それだけ傍から見ても気の毒な状態だったんですね。
「この後、孫のサッカー大会の応援に行ってくるんですよ!」と嬉しそうに話してくれました。
そうそう、人生まだまだ楽しいことがいっぱい待ってますから、元気で長生きしましょうね(^^)/




   ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。 人気ブログランキングへ  ★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR