注射がとどめ? 首の痛み

明日は姪っ子の結婚式で仕事は休み。昼間の飲酒は酔い覚めの頭痛がいやですね。なるべく深酒しないよう気をつけます。
さて、本日の治療日記

(症状)
30代 男性 会社員
今年の2月に追突事故にあった。その時は特に症状は出なかったが、次第に右の首付け根に違和感が出てきた。整形外科で痛み止めの注射を打ったが、翌日から痛みが強くなった。来院時は首をどの方向に動かしても痛くて稼働が狭い。

(施術と結果)
初回、右に向くとき以外は痛みが半減か無くなりました。3回目でほとんど痛みは無くなりましたので、あとは自己療法だけでいいでしょう。
この患者さんの場合、もっとも問題なのは注射でした。本来、治療するはずの注射で悪化させてしまいました。こういったことは珍しいことではありません。
他の患者さんの例では、手のひらへの痛み止め注射で神経を刺してしまい、重い後遺症が残ったこともあります。
結局は痛み止めという典型的は対症療法なのですから、よほどの理由がない限り注射してはいけません。

↓「人気ブログランキング」クリックの
  ご協力をお願いします。
人気ブログランキングへ ←1人1日1回のクリックが有効です。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR