擬似オスグット? 治療は意外な結末に (中2女子、バレーボール)

約一年前に両膝のオスグットで一回だけ来院した女の子。
久しぶりの予約電話がなりました。「ずっと膝が痛いのでまた診てもらえますか?」とお母さん。
記録を見ると、立位から膝を90度曲げたあたりで痛みが出る状態と書いてます。しかしその他に目立った記述がないことから、通常の治療で膝を曲げた時の痛みがなくなったのでしょう。

治療前に確認すると、右膝下(典型的なオスグットの痛い場所)に圧痛がありますが、膝の屈伸では痛みがありません。念のため、片足づつ体重をかけて曲げてみると、右膝だけに痛みがありました。
これだけ見ると去年よりはずっと軽いような感じですが、一年前に治療した後もずっと痛かったのだとか。
バレーボールをやっているときは、ジャンプして着地した際に痛みがあるそうです。

オスグットの通常治療を行います。
もちろん、両足ともかなりの疲労が溜まっています。
治療途中にお母さんが、
「朝起きた時に、動き出しが悪いようです」と教えてくれましたが、あまりオスグット病では聞かれない発言です。
(おやっ?)と思いましたが、朝に痛い場合の一般的な理由だけ説明しておきました。

さて、ひととおり治療して、立った状態から片足づつ加重して曲げてもらいますが痛みはありません。
しかし念のため、ベッドに座った状態で圧痛があった部分を軽く押してみると、「痛いです」と。
(???)
その状態でオスグットの靭帯治療をしますが、圧痛が取れません。マザーキャットや指撫法もだめ。
そこでようやく気が付きました。(これはオスグットではない!)
この膝下部分では初めてのケースですが、たぶんアレですよ、アレ(^o^)b
治療法を切り替えてやってみて1分弱。
「痛くありません!」やっぱり!

「これはオスグットではありませんね」とお母さんに告げると、
「えっ! じゃあ病院に行ったほうが良いですか?!」とビックリされていましたが、大丈夫。もう解決済みです(笑)
(昨年もそうだったのかなぁ……)と思ってみてもしょうがないですね。
バレーボール特有の動きが原因で痛みが出たと思われるので、今後バレー部員のときは要チェックです。

数年前、県外の名物先生が「オスグットには自信があったのに、何度治療しても圧痛が取れない!」と嘆いていたのを思い出しました。そういえば患者さんは、やはり女子バレーボール部員でした。
その先生とはもう交流がないので、その後どうなったか確認のしようがないのですが。





 ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。

人気ブログランキングへ 
★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR