有痛性分裂膝蓋骨の原因は…(中2男子 サッカー)

学校の部活とクラブチーム掛け持ちで頑張ってきました。二か月前、試合中に左膝をぶつけて傷めました。
その後もプレーが出来ないほどではないので、痛みを我慢して続けてきましたが、痛みがなかなかおさまりません。
走るときは良くなりましたが、ボールを蹴ったり踏ん張ったりして荷重がかかると痛みます。
ようやく病院に駆け込んだのが二週間前のこと。そこで「先天性かどうかはわからないけど、有痛性外脛骨でしょう」と診断されました。指導してもらったストレッチ体操を毎日一時間やりましたが効果がありません。

来院時の状態は、両膝屈伸時と、つま先を挙げない程度の軽いジャンプでも痛みがありました。腫れはありません。
まずは基本治療として足全体の筋肉の緊張をじっくりと取ってみますが、屈伸やジャンプであまり痛みに変化がありません。
オーバーワークによる痛みであればこれでかなり良くなるはずですが、傷めた時の状況を考えると、もう一工夫必要ですね。
すると今度は、短時間の治療で痛みが大幅に軽減しました。やはり打撲の後遺症ですね。

もちろん、分裂膝蓋骨は関係ありません。
膝蓋骨、つまり膝のお皿の骨はたとえレントゲンで分裂しているように写っても、膝蓋靭帯にしっかりサポートされているので、実際には一体のものとして考えていいと思います。
この患者さんの痛みの原因は前述のとおり打撲の後遺症です。

おそらくもう1回も治療すれば大丈夫でしょうが、病院で習った数種類のストレッチというのも気になります。
家でやっていることを再現してもらうと、おやおや、そのうちの一つは、効果があるどころかむしろ傷めてしまいますね。これは即中止。
他のストレッチも、動作が複雑すぎるし力も入りすぎますね。もっとシンプルにリラックスしてやる方法がいいです。いくつか指導して初回は終了。

そして五日後、二回目の来院。
治療前に様子を聞くと、小声で
「前よりは良くなってきた」といいます。
もうちょっと良い答えを期待していたのでちょっと意外。
「どんなときに痛かった?」と聞くと、ちょっと首をひねり
「あまり、痛くなかった」とのこと。
屈伸も、大きめのジャンプでも大丈夫なので、かなり改善している様子。

ひととおりの治療が終わると、お母さんが、
「実は、前回治療していただいた翌日、『ボールを蹴っても痛くないよ』って笑顔だったんです」
それは良かった。やはり順調に回復していましたね。
では、治療後の状態もいいことだし、これで終了です。




 ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。

人気ブログランキングへ 
★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR