ちょっと特殊な? 群発頭痛治療の考え方(30代 男性)

ちょうど一年前に症例報告した群発頭痛と同じ患者さんです。
昨年の治療後も、身体全体のメンテナンスで月1回の通院を継続してきました。もちろん群発頭痛の予防も考慮してきましたが、ちょっと特殊な考え方(手法は一般的な自然形体療法)なので、毎回それだけをやっている訳にはいきません。
昨年、急に閃いた考え方なので、公表するにもまだ早いと思います。
ここ数年は夏~秋口に発症するので、本人も8月、月始めの定期治療時に気にしていました。

はたして今年は出るのか出ないのか?
と思ったら、お盆を過ぎた頃に電話がありました。
「8月14日から発症しました」と。
急きょ、8月19日に治療。

しかしながら、今回はいつもと発症パターンが違っているそうです。
この患者さんに限らず、群発頭痛の一般的な特徴のひとつとして、毎日、発症する時間帯がほぼ同じということがあります。
でも今回は、出る時間帯が夜中、日中、夜間と一定でありません。

同じ一時性頭痛(緊張性頭痛)でも、他の偏頭痛などは、
・首~肩の筋肉の緊張
・頭皮の緊張
・頭がい骨の歪み
を修正することで血行を良くしたりすることが目的です。
しかし、群発頭痛の場合は単純ではありません。カフェインの血行抑制に予防効果があるのですから。

とりあえず昨年の例に倣って、群発頭痛用の治療をしました。
でも本当は、もっとピンポイントの問題個所がある可能性があります。
もしここだけ上手に治療できたら、前述の特殊な考え方は必要なくなるのかもしれません。
「もし痛みがひどければすぐ治療しましょう、もし大丈夫なら9月初旬の定期治療で」と話をして終了。
そして何も連絡が無いまま、8月も過ぎていきました。
(大丈夫なのかな……)

そして9月の定期治療。
「まったく無い訳ではありませんでしたが、痛みは我慢できる範囲で、頭痛が無い日もありました」とのこと。
うずくまったまま何も出来ないほどの激痛が、きっちり1時間も続くのが特徴の群発頭痛です。
では、もっと改善していきましょう。前回のとき、新たなヒントをつかんでいましたよ。

そして本日、10月の定期治療です。
「前回の午後から、頭痛は出ていません!」
よしっ! これで考え方が正しいことはほぼ確かでしょぅ。しかし、最大の重要個所については、まだ確信を持てません。
先月重点治療したポイントが、今日もちょっと残っていました。来月からはまた通常メンテナンスに戻りながら、この重要ポイントを徹底的に治療していきましょう。
ここが解決して今後群発頭痛がでなくなったらその部分が真犯人。それでも今年並みに出るようだったら、もっと広い範囲を「ちょっと特殊な考え方」で治療することも大切、ということになるのかな。
出来れば他の人の群発頭痛も治療してみたいですね。
どなたか、群発頭痛でお困りの方がいらっしゃいましたら、ぜひご紹介ください。


2014稲刈りと花 163
クマンバチの羽、もっと止めて撮りたかった。



 ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。

人気ブログランキングへ 
★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR