走り高跳びでお尻に痛み。一か月も同じ痛みが続いている(中1 陸上)

昨年(当時小6)、膝(オスグット)の痛みで3回ほど通院した中1男子。
現在は陸上部に入って短距離を主に頑張っているそうです。
一か月前に走り高跳びをやった際、着地後に右臀部に痛みを覚えました。腫れはしなかったものの、その後も痛みが引きません。病院でシップと塗り薬を処方されましたが効果なし。
大会も近いし長引いては大変と、約一年振りに来院です。

痛みはダッシュしてる時、走り終わった時に感じるといいますが、自分で坐骨付近を押しても痛みがあります。また、椅子に腰掛けて右尻に体重を乗せても痛いそうです。
圧痛があるなら話は簡単。

圧痛は通常の治療ですぐに取れますが、問題は周辺の筋肉です。
「小さい頃から身体が固くて」と、本人と父。
たしかに体質もあるでしょうが、小さい頃から色んなスポーツをしてきて慢性疲労があるのも原因です。
体質といっても固いのは筋肉等ですから、正しいストレッチを地道に続ければ柔軟性が出てきます。

オーバーワークで固くなった筋肉は、充分に伸びなくなります。
でもスポーツでは瞬間的に伸ばす動作が必要なので、それで傷めてしまいます。今回は肉離れにならなかったのが救いでしたね。

ただ痛みの部位そのものは軽傷であっても、周辺が固い筋肉のまま激しい運動していれば自然治癒もしにくくなりますし、悪化する可能性もあります。
怪我の回復にも予防にも、ストレッチングは非常に大切ですね。




 ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。

人気ブログランキングへ 
★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR