腰が伸ばせないのはどこが原因? 脊柱管狭窄症(60代 女性)

今年は病院で脊柱管狭窄症と診断された方が例年より多く来院されています。
脊髄神経の通っている脊柱管が何らかの原因で狭くなり、神経を圧迫することによって下肢に痛みやしびれがでます。
特徴的なのが間欠跛行(かんけつはこう)で、数十メートル以上、または数分間以上歩くと次第に痛みやしびれが出始め、少し休むと症状が軽くなってまた歩けるようになります。
脊柱管が狭窄(狭くなる)する原因は様々ですが、脊柱管とは無関係でも病院で脊柱管狭窄症と診断されることも多いうえに、症状の出方も人それぞれです。
治療に当たっては何が原因かを早めにつきとめることが大事です。

◎昼と夜で別の仕事を頑張る60代女性
当院へ来る一か月前にレントゲンで脊柱管狭窄症と診断されました。
歩行時、両足の腿の裏側が痛いので、つい前かがみになります。(腰が伸ばせない)
立ったり座ったりでも痛みがあります。仰向けでは楽だけれども、姿勢を変えるときに腰と尻が痛いといいます。

立った状態で腰が伸ばせないということでしたが、治療ベッドに腰掛けた状態では腰を反らせても大丈夫でした。
朝、起きた時が一番つらいということも考えると、椎間板の潰れやヘルニアではなさそうです。
ところが身体を触ってみてビックリ! 腰背部から骨盤周辺がガチガチに固くなっていました。
立って腰が伸びないのは、神経圧迫ではなくて筋肉が原因ですね。
治療中から「足が温かくなってきました」と言っていましたが、初回でかなり楽になりました。

その後週一で通院され、最初の一か月は
・朝は相変わらず悪い。
・いい日と悪い日がある。
・しゃがんだり歩いたりするのが辛い。
・しかし、全体的にはかなり改善している。
という状態でした。
2か月目に入って5回目の治療前、「急にすごく良くなってきました。朝も楽です」と嬉しそうに話してくれました。
前回終了時は今ひとつの感じだったので、私も安心しました。もう少し頑張って通院しましょうね。




 ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。

人気ブログランキングへ 
★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR