左膝に壊死あり。、水がなかなか抜けなかったが……(80代 女性)

一年前に、右足を引きずりながら来院された80代女性。仰向け状態でも膝の曲げ伸ばしで激痛がありました。
軽く触れてもビリビリします。いろんな痛みが混在し、膝に水が溜まり、パンパンに膨れています。
寝ていても痛いのでよく眠れないといいます。
その後のMRI検査で、膝関節に一部壊死している部分があると言われました。
毎回、治療後もかなり痛そうで、(もう次は来なくなるかも)と思いながら、辛そうな後ろ姿を見送っていました。

それでも5日間隔で根気よく通い詰め、次第に痛みも楽になり、曲げ伸ばしもできるようになりました。
しかし膝の水だけはなかなか引きません。
2か月が経過した頃、
「夜中に2、3回トイレに行くときは這っていきますよ」というので、
(これか!)と思い
「四つん這いで歩くときは、足の指はどうしています?」と聞いてみました。
そう、実は四つん這いのときに指を立てて歩かないと膝を傷めるのです。
「いや、膝をつくと痛いので、お尻を上げて歩きます」
膝をつかないのなら関係ありません。

参考までに、下記の図のような歩き方をすると膝を傷めますのでご注意ください。
(○のように、指を曲げて立てること)
歩き方

その後も痛みは徐々に和らぎ、治療間隔も週一になりました。
膝関節の壊死が改善するまでは水は抜けきらないかと思いつつ、それでもあらゆる可能性を考えて治療してきました。
先月のことです。
「夜中にトイレに行くとき、帰りは歩いて来れるようになったけど、行きはまだ四つん這いで歩いています」
というので、
「そのときは膝を床につけないと言ってましたよね」と確認してみました。
すると、
「いえ、膝をついてます」
「えっ? いつからですか?」
と驚いて聞いてみましたが、よく覚えていないようです。
おそらく膝をある程度曲げられるようになったころからでしょう。しかも指を伸ばしているとのこと。
「その歩き方は、健康な人でも膝を傷めますから、指を立ててください」

適切な膝治療をやれば、水はたまらなくなります。この患者さんの水が抜けなかったのは、自分で膝を傷めつけていたからですね。
四つん這いでの歩き方を指導してからは順調に膝の水が抜け始め、今ではほとんど左右差がなくなりました。
「最近、ほんとうに楽になって、つい動き過ぎるんですよ(笑)」
大丈夫、まだまだ元気になれますよ!




 ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。

人気ブログランキングへ 
★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR