両足捻挫の高校3年サッカー部員。高校最後の年、ベストを尽くしたい。

高校3年生サッカー部。
連休中に春の大会を控え、昨年から何度か繰り返している捻挫をなんとかしたいと、ご両親が連れてこられました。
もちろん今日は定休日ですが、早い方がいいだろうと治療することにしました。

右足首は、昨9月に靱帯損傷と診断されて松葉杖を使わなければならないほどの重症。2か月で復帰するも、今年1月の遠征でまた捻挫してしまいます。現在は痛みはないものの、足首の可動はかなりわるいようです。
左足首は先月に捻挫。しかしまだ腫れが完全に引きません。
治療前に両足首を触ったら、左踝周辺が右の倍くらい腫れています。

まずは左から。足全体の疲労を取ってから、踝の圧痛をとります。これは靱帯の剥離ですぐに痛みはなくなります。
次は動作時の痛み。底屈方向で傷みますが、これは動作転位。これは一瞬で痛みがなくなります。
右足はとにかく足首が固くて可動がありません。これでは思うように動かないので、捻挫しやすくなります。
時間をかけて足首の可動をつけます。

夜遅いので、外を走ってもらう訳にはいきませんが、治療室を軽く走っても痛みはありません。
「あれ? 腫れが引いたんじゃないの?」とお母さん。
説明しなくても、見ただけで分かるくらい腫れが引きましたね。
触ってみると、両足ほぼ同じ感じです。

全力で走って、ボールを蹴ってみないと分からない部分もありますが、かなり、痛みが取れたはずです。
悔いが残らぬよう、ベストに近い体調で全力を尽くしましょう!




桜20140424 033
残雪の五頭山と、新緑萌える遊園地



 ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。

人気ブログランキングへ 
★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR