毎年1回はぎっくり腰になってしまう介護職。(30代 女性)

今朝、物を取って前側に腕を伸ばしたらやってしまいました。
午前中に電話をもらいましたが、夕方に空きがありました。その間、整形外科で注射を打ってきたようです。
もともとは左が一番痛かったらしいのですが、痛い側に1本打ったので、来院時は少し楽になったとのこと。
しかし、歩くのもやっとという感じで、最初ベッドに座った状態で治療しようとしたら、「座っているのがとても辛い」と。
では横になりましょう。

まず仰向けで筋肉の緊張をとり、骨盤の歪みを調整、寝返り時の動作転位を修正してからうつ伏せになります。
うつ伏せでひととり施術してからベッドに座ってもらうと、「今度は痛くありません」
座位で調整後、最後に立った状態からいろんな動作で、まだ残っている痛みを取り除きます。
「ああ、歩ける! 痛くない

施術歴を見たら、3年前の5月にやはりぎっくり腰で来て以来、毎年1回施術してますね。
介護職という仕事柄、どうしても腰に負担がきてしまうのでしょう。
ぎっくり腰は、ちょっとしたきっかけで急な痛みになることがありますが、これは慢性的に疲労が溜まってしまい、いつぎっくり腰になってもおかしくない状態になっているからです。
日頃から、疲労を溜めないように留意しましょう。
ゆるやかやストレッチ体操を習慣づけるといいですね。



庭の花20140403 034
裏庭の梅です。4月3日の記事にあるものと同じ木ですね。最初は桜と思って撮っていましたが、梅ではないかと物言いがつき、調べた結果、やはり梅でした。桜と良く似ていますが、花弁のふちが丸いのが特徴です。
まあ、自宅裏の梅を桜と間違うのが、そもそも問題なんですけどね=3




 ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。

人気ブログランキングへ 
★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR