娘を抱き上げてぎっくり腰に(30代 男性)

三日前、スキー場で三歳になる娘さんを抱き上げたら痛みが走りました。
高校生の頃に腰椎分離症と診断されたことはありましたが、ぎっくり腰は初めての経験。
寝返りも左右方向で痛く、足を伸ばして仰向けでいるのも辛そうです。

ぎっくり腰の痛みは突然やってきますが、実はそれ以前から疲労がたまって身体がテンパッている状態のときになることが多いのです。今回のように小さなお子さんを抱いたときのほか、顔を洗う、立ったまま靴下をはくなどの日常の動作で腰にくるのは、疲労が溜まっていた証拠。
おかしいな、という兆候を感じるときもあるはずなので、そのときはゆっくり身体を休めたりストレッチ体操をやったりしましょう。

一般的に、腰がいたのは「腹筋や背筋が弱いから」とか「運動不足だから」などとよく言います。
しかし、腰に限らず筋力不足で痛みが出るなんていうのは、よほど無茶な動作をしたときくらいです。
圧倒的に多いのは疲労で身体が弱っていることが原因ですから、疲労しているときに頑張って運動するとさらに疲労してしまうので要注意です。
腰痛予防のために筋肉を鍛えてコルセットのように身体を固定する、なんていうのも間違い。
固い筋肉は血行も悪く、関節の動きもスムーズでなくなるので、むしろ腰痛の原因となります。良い筋肉とは、力を入れた時はかたくても、弛緩しているときは柔らかいものです。
鍛えた筋肉は固くて当たり前、ではありません。

ぎっくり腰の原因は疲労ですが、痛みの直接の原因は、筋肉の緊張・骨盤や身体の歪み・動作時の関節のずれなどです。
たいていは全部あてはまりますから、痛みの原因をひとつひとつ、少しずつ取っていく地道な作業になります。

さて、少し手こずるかと思いましたが、治療後は全ての動きで痛みがなくなりました。
しかし、時間の経過とともに痛みが若干戻ることが多いので、早く完璧にするには何度か治療したほうがいいでしょう。
帰りは笑顔で軽快な足取りでしたね。ではお大事に



 ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。

人気ブログランキングへ 
★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR