体育の時間に膝を捻って半月板損傷の疑い?

高校3年生の女子。三週間前に体育のバドミントンで膝を捻って傷めました。
そのとき、
「ゴキッというか、凄い音がしました」といいます。
腫れは無かったものの、かなりの痛みで整形外科に受診。レントゲンでは異常なく、
「半月板損傷かどうかは五分五分」という診断がでました。
「半月板は自然治癒しないから手術」とも説明されましたが、一週間後の状態は少し良くなりました。この時点で半月板を原因にするには理屈に合いませんが、もう二週間様子を見てから手術するかどうかを決めるとのこと。
しかし、手術しても完全に治るとも限らないし、場合によっては痛みと仲良く付き合っていきましょうと言われました。

このブログでで何度もいっているように、半月板の痛みはありえません。
また、半月板は健常者を対象にした検査でも2~4割に損傷を認めます。
膝を痛めていようがいまいが、MRI検査で半月板損傷が見つかる可能性は非常に高いのです。
◎参考文献:「無症状膝のMRIにおける異常所見の発生頻度」

◎施術と結果
高校では運動部に所属していなかったという割には、随分固い筋肉状態です。これでバドミントンのような瞬発力を必要とする運動をやったら、やっぱり怪我をしやすいですよね。
仰向けでなった状態では、膝を曲げてもらったら、おそるおそる90度まで。
腫れも圧痛もないので、まず固いを筋肉治療。
「もう一度曲げてみて」と言ったら、今度はスッとためらいもなく膝を曲げ切りました。
「あ、楽に曲がります
立ってから確認すると、オスグットと同じ症状も少しありました。これもすぐに解消。
もう屈伸しても大丈夫
「ええっ、痛くありません

この三週間、手術への不安や一生痛みと付き合う恐怖もあったでしょう。可哀想に。
でももう大丈夫
明るい笑顔を取り戻せました

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR