有痛性外脛骨もセオリー通りにはいかないという例

一か月前から両足の外脛骨に痛みを感じ始めた小学校4年生女子。週2回、バレエに通っています。
病院で有痛性外脛骨と診断されましたが、なかなか改善せず、遠方にもかかわらず紹介で来院しました。
歩いても痛いし、背伸びをする動作、つまり爪先立ちで痛みが強くなります。(特に左)

有痛性外脛骨の治療は、痛みを感じている患部の治療も大事ですが、そもそも関係した筋肉の疲労が原因ですから、適切に治療しないといけません。
まず先に筋肉治療。その後に患部。

患部にはセオリー通りの治療をやってみましたが、痛みを確認すると、「痛い」と。
何度やってもあまり変化が無い様子です(汗)
少しいいかな、という程度で初日は時間切れ。翌日は日曜で定休日でしたが、急きょ通院してもらうことに。
筋肉治療の効果で、一晩で痛みが軽くなっていればいいのですが……。
結果はあまり変わりなし。(ん? おかしいな……)

とりあえずまたセオリー通り治療しようとしたのですが、ふと思いついて別の治療法を試してみました。
数十秒後、「どう?」と確認すると、パッと表情が明るくなり「少し痛くなくなった」と。
(これだ!)なるほどね、こういうこともあるのか。
治療法さえ確定すればあとはスイスイ。
圧痛もすぐにとれて歩いても大丈夫になりました。

約一週間後、3回目の治療。
治療前の状態は、左だけちょっと痛い。
治療後は、つま先立ちしてもジャンプしてもOK.思い切って片足でケンケンしてもらいましたが、さすがに少しだけ痛かったけど、気になるような痛みではありません。
もう大丈夫
今回はセオリーに囚われず、さっと頭を切り替えたのが良かったですね。(治療法は、もちろん自然形体療法のごく一般的な手法です)




 ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。

人気ブログランキングへ 
★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR