早期発見?! 有痛性外脛骨の手当はお早めに

あまり耳慣れない疾患ですが、有痛性外脛骨(ゆうつうせいがいけいこつ)というものがあります。
外脛骨とは足の内側、内踝の下やや爪先側にある種子骨(しゅしこつ)のことで、痛みが無ければ問題ありません。
有痛性、つまり痛みがある外脛骨ということですね。

アトピーの治療で定期的に通院している小学校4年生の男の子。スポーツ少年団でサッカーをやっています。
もともと踵の痛みで来院したのですが、その痛みは再発していない代わりに、この日は外脛骨の部分を差して痛くなったと訴えました。
2、3日前からということですが、重症になる前に治療できて良かったですね。

お母さんも心配そうでしたが、医者に行っていないため、ただ足が痛いという認識のようです。
「これはね、病院に行ったら100%有痛性外脛骨と診断される痛みです」

治療法は簡単。痛みはすぐになくなり、アトピー治療に専念することができました。
週1回程度の定期通院は、ちょっとした痛みがすぐに改善できるのもメリットのひとつですね




 ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。

人気ブログランキングへ 
★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR