休日ですが、急患続き。腰痛・膝痛

盆休暇二日目ですが、急患2名です。状態を聞いて緊急性のないものはなるべく営業日に、ということになりますが、そういう例ばかりではありません。
午前中には遠方から腰痛患者一人が昨日から予約。午後は昼寝中にスマホに電話(転送)です。初めての方ですが、左膝痛が調子のいい日と悪い日があり、今日は悪い日だといいます。できれば悪いときに診てもらいたいと。うん、それがいいですね。市内在住ということで、すぐ来てもらうことに。

◎症状と経過
30年前に左アキレス腱断裂で手術。その後はなんともなかったけども、2年前、バドミントンの大会後に膝が痛くなり、整形外科に受診すると「変形性膝関節炎」という診断でした。
それからずっと痛みが完全になくなる日はなく、バドミントンも中断中。

◎施術と結果
ずっと運動していなかったということで、思っていたより筋肉全体の疲労や張りはありませんでしたが、アキレス腱周辺が固く、また膝周辺にしこりや癒着が点在していました。
施術後は「来た時と全然違います」と、次回の予約を取っていかれましたが、話を聞いてみると、この2年間は間違ったケアばかりしていたようですね。
「寝るときは湿布と、きつめのストッキングを履いていました」
  → 血行を悪くするだけです。例えば頭痛や顔がむくんでいるときに、顔と首を絞めつけたりしますか?
「固い部分を一生懸命揉んでいました」
  → 揉めば揉むほど筋肉を押しつぶしてしまいます。
「筋肉をつける運動をすべきですか? 体重も落とした方がいいですか?」
  → 筋力がなくて痛みがあるわけではありません。今必要なのはむしろストレッチです。また、体重と膝痛は関係ありません。(体重と痛みの関係についてはここをクリック

いつかまたバドミントンをしたい、大会などで県外に一泊で出かけたりして友だちと楽しい時間を過ごしたいと患者さん。そうですよね、完全回復にはまだ時間がかかりますが、夢の実現に力をお貸ししましょう!




 ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。

人気ブログランキングへ 
★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR