有痛性分裂膝蓋骨の痛み(中学1年、男子、野球・陸上)

一か月前から左膝が痛みだし、病院でレントゲンを撮った結果、「先天的な有痛性分裂膝蓋骨」と診断されました。完全分裂ではないこともあって、手術は当面考えず、リハビリと電気治療を行ってきました。
来院時は、立った状態から膝を曲げようとすると痛みが出ます。
学校の部活では陸上部(短距離)、そしてシニアの硬式野球というハードな毎日です。
おそらく野球よりも陸上の影響でしょう。200mを練習していたということですが、トラックは左回りなので特に左に負担がかかります。

さて膝蓋骨、つまり膝のお皿が2つに分裂していて、痛みのある状態が《有痛性分裂膝蓋骨》です。
わざわざ有痛性という表現をしているのは、皿が分裂していても痛みのないことが多いからです。
ということは、分裂しているかいないかはあまり痛みに関係ありません。
実際、この男子中学生も両膝に分裂が見つかったのに、痛みのあるのは左だけです。
過度な運動により筋肉が伸縮性を失った結果、無理な力が関節にかかるために痛みが出ます。
治療は半月板損傷などと同じく、下肢全体の筋肉治療と関節の調整が主体となります。

施術が終わってから立った状態から膝を曲げてもらうと、完全に曲げ切っても痛みがありません
心配そうに見守っていたご両親が、安堵の表情で顔を見合わせました。
病院でのリハビリの内容を聞いてみたら、ストレッチ主体ということでした。しかし、肝心な部分を全く伸ばしていませんでした。
正しいストレッチを指導して終了。

その後は練習で少し痛いときがあったけど、次第に痛みは無くなったそうです。
半月後、念のため再来院しましたが、痛みは全くありませんでした。
それにしても、運動部を二足のわらじとは
今後も怪我なく、頑張って欲しいですね。



花壇 007-2

ミニ花壇に植えたペチュニアに、カエルを発見。カメラを向けたら向こうも緊張してレンズとにらめっこ。



 ↓緑のバナーをクリックで投票していただけると嬉しいです

人気ブログランキングへ 

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR