医者に「何かしてますか?」と聞かれた、経過の良い人工関節。

4年前に右大腿骨骨頭置換を行った50代女性。昨年から腰痛やさまざまな症状で月1~2回通院されてます。
この間、もっとも重症だった腰椎ヘルニアも、ようやく日常生活に差し支えない程度になってきました。
内臓も含めて様々な病気を抱えているのも、回復力が不足している原因です。

骨頭置換、つまり人工関節にした右股関節の痛みは、当院の基本治療の範囲で少しずつやっていました。大分可動は付いてきた感じはありましたが、人工部分はどうしようもないので、あまり注目はしていませんでした。

今日の治療前、手術をした病院に先日、定期検診に行ってきたときの話をしてくれました。
「病院の先生がね、『何かやっていますか? この手術をした人で、こんなに経過の良い人はいません』って言うんですよ(笑)」
さらに詳しく聞くと、この手術をした人は皆、動きが悪かったり痛みが残ったりしているのだとか。
普通に歩けるどころか、生活や仕事の中で「走っていますよ」と言うと、さらに驚かれたとか。
半分冗談で「今度富士山に登ってこようと思っていますが、大丈夫ですか?」と聞いたら、
「ぜひ、言ってきてください。良い実験になりますから」と。これも冗談半分でしょうけど。
当院に来ていることを話そうか迷った挙句、
「そのうちに話しますよ」と答えたそうです まあ、今度話してみてはいかがでしょう。

人工関節の手術のほとんどは必要はありません。ただ、軟骨部分がほとんどすり減っているような場合は、軟骨の再生に時間がかかります。したがって苦痛が大きい場合、やむなくご本人が手術を選択する場合もあるでしょう。
しかし多くの場合は手術後も可動制限があったり痛みも残ります。
でも、その場合でも病院のリハビリより、自然形体治療の方がいいですね。
痛みや痺れにお悩みの方はご相談ください。





 ↓緑のバナーをクリックで投票していただけると嬉しいです

人気ブログランキングへ 

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR