左手の手根管症候群で、右同様に手術を勧められているが……。

3年前に手根管症候群で、右手を手術した40代の女性。最近になって左手も同様の症状になって手術を勧められています。
しかし、手術した右手も指(第1・2指)の痺れは変わらず、しかも手術痕が未だに痛い状態です。
良くなったのは前腕の痺れだけ……。
しかし手根管症候群の手術は、《手首付近の神経圧迫で指がしびれるから、圧迫している靱帯を切除する》というものです。指の痺れはそのままで前腕だけ改善は、理屈に合いません。
これは手術した後に数か月ギブスをはめたせいで腕を使わなかったから、前腕の疲労がとれただけでしょう。他の手術例で指の痺れが改善することも多いようですが、これも同じ理由です。

自然形体療法で筋肉治療をすると、左手の指も、右手の指も痺れが明らかに軽くなりました。神経圧迫が原因ではない証拠です。ただ、なかなか頑固な症状でもありますから、根気よく治療していくことが肝心です。



庭の花2013 029
花の名前分かりません。小さい花ですが、良く見ると形がピーマンみたい(笑)
(その後……)
とかいっていたら、ピーマンを作っている姉からメールがあり、
「たぶん、ジシャガラ」と教えてもらいました。
たぶん、正解!




 ↓緑のバナーをクリックで投票していただけると嬉しいです

人気ブログランキングへ 

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2013/05/19 09:10)

阿賀野市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR