MRI検査による脊柱管狭窄症という診断。

一年前から左臀部~大腿部裏側の痺れと痛みに悩む40代男性。MRI検査で脊柱管狭窄症と診断されました。
なかなか改善しないので10日ほど前に来院して今日が5回目の治療です。

初回こそ、確かに脊柱管狭窄症に似た症状があったので、それに対応した施術をしました。
ただ、2回目のときにどうも違うようだという感じを受けました。椎間板の捻じれや潰れを改善する方法よりも、筋肉治療の方が効果が大きいことが分かりました。どうも筋肉の緊張や劣化が原因のようです。
自己療法も椎間板を狙ったものからストレッチの要素が強いものに変更です。

ところが、
「GW中も調子が良かったので、昨日久しぶりにスイミングスクールに行ったんですが、今日は悪かったです
とのこと。途中で違和感を覚えたものの、スイミングのプログラムを断れなかったそうです。
そんな状態での治療ですが、やはり筋肉治療だけで症状が消えていきます。
身体全体も緊張の強い部分がたくさんありますから、大分前から疲労が蓄積していたんですね。

来週から県外へ長期出張。
「少しでも良くして行きたい」と、今週は連続して予約をとっていかれました。
私も頑張りますよ



 ↓緑のバナーをクリックで投票していただけると嬉しいです

人気ブログランキングへ 

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR