珍しいケースの椎間板ヘルニア。自己療法も逆。

《症状と経過》 20代 男性

年始から腰が痛み始め、そのうち寝てても激痛で寝れなくなった。3月に整形外科でMRIを撮ったら腰椎椎間板ヘルニアと診断された。半年ほど仕事を休んで薬、電気治療、牽引等の治療に専念した。
9月にようやく仕事に復帰したが、まだ腰の痛みと足の痛み・しびれがある。

《施術と結果》
治療ベッドに腰掛けた状態で検査をしてみてビックリ! 生理湾曲が完全に狂っていました。正常な腰椎は前側に湾曲しているのですが、逆に後湾しています。これは椎間板の前側がつぶれている可能性が高いです。前側でつぶされた髄核が後ろに押し出されて神経を刺激します。
聞いてみると、車の運転中や風呂で洗髪をしているときが症状が強くなるといいます。これは前側の損傷が確定ですね。

自己療法も通常の方法では逆に痛みが出ます。何種類かやってもらって、痛みが強くなるのか弱くなるのかを確認しながら、適応した方法を探します。

痛みが軽くなる自己療法が分かったところで、注意点をひとつ。
「家でやっていて、痛みを感じたら中止してください。痛みは身体が壊れる危険信号ですから」
というと、
「病院で、寝るときには横向きで腰を丸めるようにしなさいと言われていたんですが……」
「え? それ痛くなかったですか?」
「はい、痛かったです」
(なんということでしょう

通常のヘルニアはそれでいいのですが、この方の場合は逆ですね。痛みの状態は似ているようでも、原因はひとそれぞれ。身体の状態を見極めないといけません。
でも。もう大丈夫。あとは焦らず、希望を持って



今朝の、光のカーテンです。
2012秋 042





 ↓緑のバナーをクリックで投票していただけると嬉しいです

人気ブログランキングへ 

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR