ギックリ腰のときの入浴法とは。

先週の末ごろ、仕事で物を持ったときグキツときてそこから動けなくなってしまった50代男性。
3日ほど家で寝込んだ後、病院で注射を打っても変わらないということで、ギックリ腰にしてはやや遠方からの来院です(3日前)。
動くたびにうめき声が漏れるほどの重症だと、さすがに1回の施術ではスカッとはいかない場合が多いです。そこで施術後に勧めるのは入浴です。
日中の施術なら、温泉などがお勧めです。遠方の方なので、市内の温泉でもっと楽にしてから帰った方がいいですね。一番近くて手軽な温泉を紹介しましょう。

ただし、注意事項があります。当院にギックリ腰で来院される方から「風呂や温泉に入っているときは楽なんだけど、上がって休んでいるとだんだん(10~15分)痛くなってくるんですよ」という体験談を聞くことがあります。もちろん風呂はいいのですが、風呂上がりにだんだん痛くなる原因は《湯冷め》です。
これを防ぐためには汗腺を引き締めることが大事です。知らない人は下記をクリックしてよく読んでください。
湯冷めを防ぎ、入浴効果を持続させる方法(クリック)

昨日また電話があり、「朝、家で入浴中に痛くなってきました」と再来院されました。
先日の様子を聞くと、温泉に入って楽になりその後もまあまあだったとか。
入浴中に痛みというのも珍しいので様子を聞いてみると、どうやらアパートの小さい風呂が原因のようです。大柄の人なのに、狭いところに身体を折り曲げて入っていたのですね。

施術後は、まだ怖さはあるものの、痛みはほとんど感じないで歩けるようになりました。
「しばらく仕事を休んでいましたが、明日(つまり今日)はどうしても出勤しないといけないので……」
それはまだ心配ですが仕方ありませんね。
家での入浴では、湯船に正座してつかりましょう

ということで、先ほどメール(ショートメール・Cメール)して様子を聞いてみたら、今日は夜間作業でこれから出勤だとか 動いて見ないと分からないということですが、御無事を祈ります。



 ↓緑のバナーをクリックで投票していただけると嬉しいです

人気ブログランキングへ 

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR