右膝半月板損傷。痛みと膝水もたまって曲がりにくい。

◎「またバスケットボールができるでしょうか?」30代 男性

症状と経過
2年前に左半月板損傷と診断され、手術はしないで回復を待った。社会人バスケットをやっていいたが、それ以来休んでいる。その後、左膝をかばっていたせいか右の方が悪くなり、今年の夏祭りで無理をしてから水もたまりだした。奥さんが当院のHPやブログを見て、予約電話を入れてきた。
来院時は、立った状態から両膝を少し曲げただけで痛くなる。もちろん、正座は出来ない。

施術と結果
このブログで何度も言っているように、半月板損傷が痛みにつながっていないことは、この場合も明らかです。半月板損傷と、膝水について説明しながら膝痛と膝水の治療をします。(膝に水がたまる原因については、来院された方には詳しく説明しますが、ブログで全ては公開できません)

施術後、立ってから膝を曲げてもらうと、”そんきょ”の一歩手前まで痛みなく曲げられるようになりました。「起きてからの動作が素早い(笑)」と、運転してきた奥様もニッコリ。
ただし、正座が出来ないのは、膝痛や水のほかに、大きな原因があります。それは、筋肉が固くて縮んでしまっているからです。サッカーやバスケットボールプレーヤーに多いのですが、過度の練習と間違ったストレッチ方法の(またはストレッチをしない)せいで、足の筋肉が伸びなくなっているのです。
初回でだいぶ改善したので、ストレッチ方法、膝の自己療法を指導してしばらく様子を見ることにしました。これでもかなり楽になっていくでしょう。

「またバスケットボールが出来るようになりますよ
(ああ、私もまたやりたくなってきた)



 ↓緑のバナーをクリックで投票していただけると嬉しいです

人気ブログランキングへ 

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR