部活で尻もちをついて首痛

17歳 男子 バスケットボール部

(症状)
バスケの練習中、バランスを崩して2回尻もちをついたとき、首がボキボキとなった。夜になり、首の痛みがひどくなり、仰向けで寝ることができない。

(施術と結果)
特に左の首すじから肩にかけて張っていました。座ったままの状態でマザーキャットでポンポンコロコロ。だいぶ軽くなったところで、ベッドに寝てもらいました。この段階で仰向けでもOK。それでもまだ肩・首に強い張りがあるので、基本的な首・肩の施術をマザーキャットクッションを背中に敷きながら行いました。
寝た状態では首を動かしても違和感はなくなりました。
しかし、起きてもらって首を動かしてみると、左に振りむいたときに痛みが出ました。これは動作時のみの頸椎のずれなので、ポイントさえ的確につかめば瞬時に痛みはなくなります。
「今度はどうですか?」
「あ、もう大丈夫です」
今月の高校総体は心配ないですね。目標に向かってファイト!です。

1クリックのご協力をお願いします↓。
1人1日1か所のクリックのみ有効です。
人気ブログランキングへ

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR