激痛の腰部脊柱管狭窄症。患者さんに笑顔が戻ってきた!

激痛で苦しんでいる患者さんを治療するのはこちらも緊張します。もちろん雑談をする余裕などお互いにありません。でも痛みが和らいできて、患者さん自身に回復の希望が見えてくると、治療室の空気も和んできます。私も嬉しいし、ほっとする瞬間です。

四六時中、右足のしびれと痛みに悩まされる(70代 女性)
1月頃から症状が出始め、先月末ごろから急激に悪化。右ふくらはぎ~足首にかけてが最も症状が強く、「足が腐ったリンゴのよう」。脊柱管狭窄症という病院の診断。

施術と結果
今日で3回目。初回は施術中、軽くはなっても痛みがなくなることはありませんでした。施術後に起きてベッドに腰をかけた瞬間に激痛がもどりました。
「しばらくは痛みますが、徐々に回復しますからね。」と励ますのが精いっぱいです。娘さんの送迎で、週2回のペースで通院することに。
2回目は初回に出来なかった施術ができるようになり、自己療法もする余裕が出てきました。でも施術後、起きてもらうとすぐに激痛です。

今日は、施術前に家での様子を聞いてみると、
「朝起きたときの激痛が、少し和らいできました」 (お、いい感じです)
施術していると、初めて痛みとしびれが全く無くなりました。途中で寝息を立てていましたから、気持ちもリラックスしたようです。
「今日は気持ちが良くて、ここでしばらく寝ていきたいわ」 (寝れたらいいのにね) 
天気の話など少し雑談する余裕もでてきました。
施術後、ベッドに腰をかけてもらうと
「あ、いつもはすぐ痛くなるのに、今日はジワ~とくる感じです」 (確実に快方に向かってます
まだシャキッとしては歩けませんが、希望の光が差してきましたね。もう少しの辛抱ですよ


脊柱管狭窄症とひと口に行っても、狭窄(狭くなる)原因はいくつかあります。この方の場合は、椎間板のひどい潰れによる坐骨神経の圧迫です。でも大丈夫。歳を撮っていても新陳代謝は必ずあるのですから、ただしく身体を導いてやれば必ず回復します。



 ↓緑のバナーをクリックで投票していただけると嬉しいです

人気ブログランキングへ

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【激痛の腰部脊柱管狭窄症。患者さんに笑顔が戻ってきた!】

激痛で苦しんでいる患者さんを治療するのはこちらも緊張します。もちろん雑談をする余裕などお互いにありません。でも痛みが和らいできて、患者さん自身に回復の希望が見えてくると、治療室の空気も和んできます。私も嬉しいし、ほっとする瞬間です。四六時中、右足のしび...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR