部活の練習でアキレス腱痛。新入部の中学1年生の場合。

先週の症例です。

◎新入部員は辛いよ
中学校の新1年生男子。卓球部に正式入部してから3日連続で10kmを走った。先輩に抜かれると約1kmの周回コースをもう一周追加されるので手を抜けない。3日目に右足のアキレス腱と左足甲の上部が痛くなって歩くのもやっとの状態になった。
昨年この子の姉が、肘・肩痛で来院して短期間で回復して大会に間に合ったこともあり、すぐにお母さんが電話してきた。

◎施術と結果
アキレス腱痛は、腓腹筋、ヒラメ筋の疲労が原因です。この2つの筋肉が合流してアキレス腱となり、踵の骨に付着しています。疲労により筋肉が縮んだり固くなったりすると、本来伸びないはずのアキレス腱が無理に引っ張られて痛みが出ます。
左足甲の痛みは、シューズの紐を強く締めすぎて走ったのが原因です。
アキレス腱は人体で最大の腱になりますが、太い割に血管があまり通っていないので、一度傷めるとなかなか治りにくい場所です。
足首を少し動かしても痛いので、初回の施術は控え目にやりました。その場で痛みを取ることよりも翌日の朝に楽になっているようにするのが狙いです。施術後は「ちょっと軽くなった」程度にとどめました。
「これで明日の朝はかなり楽になるはずです」と説明しましたが……。

気になって翌日メールで確認すると、
〝ご心配ありがとうございます。
今朝の足の様子は本人が言うには「昨日と痛みは変わらない」とのことでした。今日も走らないようにと送り出しました〟

との返事。ムムム、ちょっと計算が狂いました。
症状によりケースバイケースですが、この場合は2回目の施術料はいただきません。最終の時間枠に来てもらいました。甲の痛みはほとんどないので、アキレス腱の治療に専念です。
治療方法を変え、その場で痛みを軽減するようにしました。伏臥位で施術。次第に可動が広がり、圧痛もなくなりました。立ってもらって痛みの確認です。表情を注意して見ていると、パッと顔が明るくなりました。痛みがだいぶ無くなった証拠です。
「どう?」と聞くと、
「ほんの少しだけ痛い」とのこと。
もう一度寝てもらって仕上げ、そして確認。
今度は(おっ)という表情です。もう大丈夫ですね。

翌日、お母さんからメールをいただきました。
〝おかげさまですっかり良くなりました(^_^)
本当にありがとうございました!
また何かありましたら、よろしくお願いします。〟


もちろん!


↓「人気ブログランキング」クリックの
  ご協力をお願いします。
人気ブログランキングへ ←1人1日1回のクリックが有効です。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR