捻挫後遺症は、自然に治らない場合も。その原因は?

◎状態
20代 消防士
趣味でラグビーをやっている。プレー中、右足首にタックルを受けて捻挫。その後、腫れが引いても足首の違和感が取れない。立って膝を曲げる(足首も曲がる)と、足首の中で骨同士ぶつかる感じがする。突っ張る感じもある。整形外科の診断では、「骨同士がぶつかったようだが、骨折ではないので、自然に治る」と言われる。
とりあえずテーピングでガチガチに巻いてプレーしている。
自然に治る気配がないので、ホームページを見て来院。

◎施術と結果
捻挫の後遺症の場合、いくつかの原因が考えられます。この方の場合、突っ張る感じもあるというので、まず筋肉治療です。テーピングで可動制限もしてたので、筋肉が縮んでる可能性があります。マザーキャットなどで施術してから立ってもらって確認すると、「あまり変化がありません」とのこと。
次に多い原因が関節の動作転位(動かした時のずれ)です。これを仰向けの状態で行ってから立ってもらって確認。これも変化がありません。足底のアーチの乱れも考えられるので、立ったまま施術すると「もっと痛い」。するとこれも違う。

今度は関節の動作転位を立った状態で行うと、
「あ、ちょっと楽です」
しかし、私の手を離すと痛みが戻ります。ということは、もう可能性は一つしかありません。靱帯が伸びています。
ある部分を固定して確認すると……。
「あ、一番楽です
はい、二骨間転位が確定です。この場合の治療法はただひとつ。痛みのない状態を作ってから説明します。
「この状態で20日~1か月キープすれば完全回復しますよ

この状態で歩いてもらっても大丈夫です。
「医者には自然に治ると言われていましたが、それは無理ですね?」
「そのとおりです。この痛みの原因と治療法は、自然形体療法でしか分かりませんからね

診断と治療法がバッチリ決まったときの達成感は格別ですね




↓「人気ブログランキング」クリックの
  ご協力をお願いします。
人気ブログランキングへ ←1人1日1回のクリックが有効です。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR