その痛み、体重のせいではありません。

腰痛や膝痛がある場合、医師から「体重を落としなさい」と指示されることは今でもあるようです。また一般常識的にも、体重増→膝や腰に負担→痛みの発生と考えられていることが多いようです。
では、肥満体形の人に腰痛や膝痛持ちが多いのか?
逆に、やせ型の人に腰痛や膝痛は少ないのか?

どうですか? もちろん、そんなことは無いですね。体重のせいではありません。

ではなぜ、体重増が関節等の負担にならないのでしょうか?
それは、体重が増えればそれに応じて筋肉や靱帯、骨が強くなるからです。靱帯は直接鍛えることはできませんが、筋肉がつくとそれに対応して強くなります。骨は荷重などのストレスがかかればかかるほど骨密度が増して太く、丈夫になります。
普通の太り方は数か月、数年単位なので、筋肉と骨の成長が追いついていきます。
もちろん、一週間で20kgも太ったり、極端な偏食でたんぱく質やカルシウムを摂らなかったりしたら影響はあるでしょうね(笑) また、膝や腰にこなくても内臓疾患や病気にはなりやすいでしょう。標準体重に近いのに越したことはありません。

つまり、膝が痛いからといって体重を落としても、その分筋肉と骨が弱くなりますから実質の負担は変わりません。
では筋肉を落とさないようにトレーニングしながら脂肪だけ落としたら? 無理ですね。そもそも腰や膝が痛くて強い運動ができませんから。

腰痛、股関節痛、膝痛、足首等の痛みに関してだけ言えば、ダイエットは無駄な努力です。良かったですね。さあ、気にしないで美味しくいただきましょう


次回のテーマ:「運動不足だから腰などが痛くなるは、間違い」
腰痛は腹筋が弱いせいだと言われて腹筋体操なんかしていませんか?



↓「人気ブログランキング」クリックの
  ご協力をお願いします。
人気ブログランキングへ ←1人1日1回のクリックが有効です。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR