2年間痛かった腰痛がウソのようだと嬉しい感想。

70代の会社役員の方(男性)。2年前からの腰痛です。
最初は腰が痛くて、次第に両足のもも裏が痛くなってきました。病院でMRI検査をしたら「脊柱管が2か所で狭くなっているので手術も考えた方が…」と言われました。(手術は絶対やりたくない)と、その後は他の医院等で、さまざまな治療を受けましたが、変化ありませんでした。

「長く歩くときついですね。ときどき休まないとだめです」
と、ここだけを聞くと脊柱管狭窄症の特徴である〝間欠は行〟のような感じです。おそらく病院での診断はこれが決め手だったのでしょう。脊柱管が2か所で狭窄しているというのはこじつけですね。
一般的に腰痛と足の痛み(特に尻~もも裏)がある場合、確かに脊柱管狭窄症の疑いや坐骨神経痛の痛みであることが多いです。私も最初はそう思いました。
でも朝と夜の様子を聞いてみると、
「朝が一番悪くて、次第に楽になってきます。もちろん痛みはずっとありますが」
ということは、椎間板の潰れやヘルニアなどが原因による狭窄症ではないようです。

「週に2回くらい、時間があると市の体育館でバイクをこぐんですよ。するとそのときは楽になるんですが、良く日は痛みが戻ってますね」
運動した方が楽になるということは、主に筋肉の痛みですね。疲労がたまっているのでしょう。座位で触診してみると、腰背部がガチガチです。まずこれを治療してどうなるか確認が必要です。
仰向けになる時、そこから起きるときに痛みがありますが、すぐにほとんどなくなりました。立って身体を反らしても大丈夫。歩いてもらうと、
「おお!楽に歩けます不思議ですね。 もっと早く来れば良かったなあ。」と、一番嬉しいコメントをいただきました
来週もう一度予約をとってもらいましたが、
「妻が今年の除雪で腰を痛めているので、一緒に連れてきます」とのこと。
はい、了解しましたよ



↓「人気ブログランキング」クリックの
  ご協力をお願いします。
人気ブログランキングへ ←1人1日1回のクリックが有効です。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた【カラダのミカタ 新潟県阿賀野市の超整体】

70代の会社役員の方(男性)。2年前からの腰痛です。最初は腰が痛くて、次第に両足のもも裏が痛くなってきました。病院でMRI検査をしたら「脊柱管が2か所で狭くなっているので手術も考えた方が…」と言われました。(手術は絶対やりたくない)と、その後は他の医院...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR