ウエイトトレーニングは実はあまり意味がありません。

昨年三条市で開催された山田先生の「アスリートセミナー」の講演会DVDを最近また見直しして、再認識したことがあります。
それは、スポーツ選手が、技術や能力、体力向上の目的で行うウエイトトレーニング(筋トレ)はあまり意味が無いということです。(もちろん、健康づくりや一般的な体力づくり、あるいは見せる筋肉づくりには有効なことはたくさんあります)
スポーツ選手にはそのスポーツに特化した筋肉が必要であり、練習を積めばつむほど独特な体形になっていきます。サッカー選手や競輪選手は足が太くなる、野球選手はお尻が大きくなる、水泳選手は筋肉質ながらも脂肪がほどよくついた感じ。陸上選手でも短距離と長距離選手では体形が全く違います。
これはスポーツ種目によって筋肉の使い方が違うためです。ここまでは誰でも理解できることですね。

しかし、例えば野球選手(特にピッチャー)が肩を強くしようと三角筋を中心とした上半身のウエイトトレーニングをしたとします。専門のトレーナーや指導者について行えば、より投球に必要な筋肉を効率良くつけることは可能です。球速もアップするかもしれません。でも筋トレでは少なからず無駄な筋肉もついてしまいます。球を投げるために使う筋肉の種類はたくさんあります。これを絶妙なバランスで使うわけですが、投げる動作と筋トレの動作は違うので、バランスが崩れます。余分な筋肉は無駄な疲労の原因になります。
陸上の場合、走る動作は似ていても短距離選手が長距離選手のように踵から着地していると、短距離に必要な筋肉は鍛えられません。これは速筋や遅筋といった質の問題ではなく、使い方の違いです。
また、短距離の瞬発力を高めようと階段をダッシュして駆け上がることも意味がありません。階段を上がるためには臀筋をより強く使いますが、平地を走るためには臀筋があり過ぎても無駄なことです。
だから、短距離の場合はひたすら平地のダッシュをすることです。短距離には上半身の筋肉も必要とされていますが、ひたすらダッシュすることで、上半身も無駄なく鍛えられる訳です。

ようするに、特定の種目やスポーツに特化した理想的な筋肉をつけるためには、実戦を積むか、より実戦に近い形式でひたすら練習することです。野球などでは〝肩は消耗品〟とされ、投げ込み過ぎをしないようにしていますが、これは筋肉疲労をとる理想的な方法を知らないことからくる誤った考え方です。筋肉は機械ではありませんから、摩耗してすり減ってしまうはずがありません。使えば使うほど鍛えられるのです。問題は使った後のケアです。ここを間違うと怪我をしてしまいます。

有名スポーツ選手で、筋トレで失敗した例は、元ライオンズやジャイアンツで活躍した清原和博さんですね。ジャイアンツ時代、専門トレーナーについて猛烈にマシントレーニングに励んだ結果、無駄な筋肉をたくさんつけてしまいました。筋肉をつけたにも関わらず、バットスイングのスピードは落ち、飛距離もなくなりました。そればかりか怪我をしやすい体質になってしまいました。そもそも、PL学園からライオンズに入団当初はスマートな身体で場外ホームランを連発していたのですから、筋肉をつければいいという訳じゃないんです。
もちろん、清原さんは高校の練習でもある程度マシントレーニングはしていたでしょう。でも野球以外のトレーニングを一切しなかったら、もっと凄い成績を残せたに違いありません。

スポーツは筋肉の強さを競うものではありません。むしろ技術力のほうが大切です。150m飛ばす筋肉よりも、ミートする技術のほうが大切です。この技術は同じことを繰り返して練習することで身につきます。
モノづくりの職人さんがいい例ですね。良いものを作るために、朝から晩まで年がら年中、同じことを繰り返して身体に覚えさせるのです。職人に近道はありません。陶芸家が、土をこねる筋肉をつけようと、ウエイトトレーニングなどはしませんね。トレーニングしている時間が無駄です。そんなことより、一生懸命土をこね続けた方が、無駄な筋肉はつかないばかりか、技術まで高まります。
スポーツ選手もいわば職人なのですから、余計なことはしないことです。
(ここまで勢いで書いたので、またあとで加筆・修正します)


↓「人気ブログランキング」クリックの
  ご協力をお願いします。
人気ブログランキングへ ←1人1日1回のクリックが有効です。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR