椎間板ヘルニアは誰にでもある?

腰痛の代表的な病名に《椎間板ヘルニア》があります。これはなんらかの要因で椎間板が圧迫されて中身(髄核)等が飛び出したものです。動きの多い頸椎や腰椎のヘルニアが多く、胸椎への出現はまれです。
このヘルニアが神経を圧迫することにより、痛みやしびれといった症状につながります。同様に、ヘルニアにならないまでも、椎間板が潰れたり傷んでしまったりした椎間板変性の場合も、様々な症状が出ます。

しかし、ヘルニアや変性があっても、神経を圧迫しなければ全く症状がないということは重要なことです。
痛みやしびれの経験のない健常者を対象にMRI検査をすると、実に7割超の人に椎間板ヘルニアが、8割超の人に椎間板変性が発見されるそうです。言いかえれば、ヘルニア等は痛みの原因ではないということになるのでしょうか? 実際、ネットで検索してみると「ヘルニアは痛みの原因ではない」という世界的な研究論文(※注)を引用した記事が多く見つかります。
しかし、自然形体療法の臨床ではヘルニアや変性を想定した場合、それに対応した施術で改善しています。
したがって正解は、「ヘルニアや椎間板の変性は、痛みやしびれの原因ではあるが、MRI検査による写真は全く参考にはならない」ということになります。
ただし、中には脊髄腫瘍のような珍しい病気があるので注意が必要です。この場合は手術もやむを得ないと思いますが、腫瘍の除去手術により神経を傷つけてしまう恐れや、一部の神経をやむなく切断してしまうことがあります。さらに注意が必要なことは、このような神経を切断しなければならない手術であっても、病院によっては事前の説明が不十分な場合があります。手術しなければ確実に足が動かなくなるからと言われて手術を決断したのに、手術の30分前になって初めて「どこに関係した神経かは特定できませんが、確実に1本神経を切ります。場合によってはマヒするかもしれません。だから同意書にサインを」と告げられた実例を知っています。
幸い、手術後に手足は動き、他にも影響はありませんでした。「赤ちゃんの時しか使わない神経でよかった」と医者に言われたそうですが、もし大事な神経だったら…。

安全で効果の高い自然形体療法が、もっと広まることを願っています。

(※注)
Boos N.らによる研究。学術誌『Spine』1995年に報告され、ボルボ賞を受賞しています。

1クリックのご協力をお願いします↓。
1人1日1か所のクリックのみ有効です。
人気ブログランキングへ

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR