糖尿病患者、改善しています。(途中経過)

先月報告した1型糖尿病の方の続報です。今月の定期検診の結果などを報告します。
血糖値は前回報告時から一時期不安定になったこともありましたが、また落ち着いてきました。本当は今月の検診結果でインスリンの量をさらに減らせるかと思ったのですが、病院の指示は現状維持でした(3単位)。ただし、「いずれ2単位に減らすこともありえます」という説明だったそうです。やはり経過が良好だからですね。
糖尿病の判定としては空腹時血糖値が一般的ですが、これは食事や体調によって影響を受けやすいのです。最近では、HbA1C(ヘモグロビン エーワン シー)が注目されています。これは過去1,2ヶ月の血糖値の変動の平均を表していて、糖尿病治療には、 この値を下げることを目標とするほうがよいとされています。
このHbA1Cは、基準値が4.3~5.8とされています。現在、当院で治療されている患者さんのインスリン注射開始時点が8.6(かなり危険な状態)でした。それが今回の検査では、5.6まで下がりました。もちろん、インスリン注射の効果でもありますが、インスリンを作る細胞が死滅してしまったとされる1型糖尿病で、インスリン注射の量を減らしながらでも数値が改善しています。
このまま、良い結果が続くことを期待しています。


↓「人気ブログランキング」クリックの
  ご協力をお願いします。
人気ブログランキングへ ←1人1日1回のクリックが有効です。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR