朝、起きたら手に力が入らない、指も痛くて握ることができない。

だれでも仕事や日常生活で少なからず疲労します。この疲れが、夕食~風呂~就寝のリズムの中で解消できていればいいのですが、疲れを持ち越してしまうとそれが蓄積し、ある日突然症状になって現れたり、悪化したりします。

◎ずっと違和感を感じていたけれど…。突然手が動かない。(20代 女性 会社員)

《症状》
ずっと事務職だったが、事情があって4か月前から農業の手伝いをすることになり、肉体労働が増えた。1か月前から右腕に疲労感や痛みがあったが、自分で揉んだりして過ごしてきた。
最近特に違和感を覚えていたけど、今朝起きたら右手に力が入らず握れない。無理に握ろうとすると指の節々も痛いが、握る力が出ない。

《施術と結果》
問診の段階で確信していましたが、手首~指の疲労はもちろんですが、腕全体、特に前腕の筋肉が固くなっていました。力が入らず握れないのは、前腕が大きく影響しています。手首~指の緊張と関節の調整を行い、前腕の緊張を取りました(これが一番時間がかかりました)。
疲労がひどく、完全ではありませんが
「指が曲がります。痛みもほとんどありません。握ることができます」 (よかった
疲れやすい部分のストレッチの指導と、揉まないことをよく説明して終了です。

筋肉疲労やそれによる痛みなどがある場合、(間違った)常識的に強く揉んだり湿布を貼ったりしますが、それらはむしろ悪化させてしまいます。

強くたたいたり、もんだりするのがなぜ悪いか。


また、健康はトータルに考えなくてはいけません。腕が疲れたら腕だけ休める? 腕だけ治療する? もちろんそれは最優先しますが、最初に述べたように、疲れを持ち越してしまうことが問題です。
疲労を取るのは、休養や睡眠のほか、栄養が大切です。でも食べ物を摂っても、内臓に消化吸収する能力が落ちていたり、血行が悪くて栄養が届かなかったり老廃物の回収が進まなかったりしたら、細胞自体が弱ってしまいますね。肝心な内臓の働きについては、首~腰背部の筋肉のに緊張があると、内臓に行く血流が不足するばかりか副交感神経が休んでしまい、内臓の働きが悪くなります。
つまり、疲労した腕だけ休めたり治療したりしても疲労が完全に解消されないことになります。
人間は機械ではありません。悪い部分だけ、故障した部分の部品だけ修理してもダメなのです。


↓「人気ブログランキング」クリックの
  ご協力をお願いします。
人気ブログランキングへ ←1人1日1回のクリックが有効です。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR