小学6年生野球部のオスグット病。「こんなに良くなるとは!」と父親(追記)

◎大会も残りあと少し。試合に早く出たい。
小学校6年生 男子 野球

(症状)
1か月前から急に左膝が痛くなった。オスグット病と診断され、学校の体育も休んでいる。チームの主力であり、皆からも早い復帰を期待されている。
朝起きるときにやっと起きてくる(立ち上がりが辛い)状態。立った姿勢から両膝を曲げてもらうと、90度まで曲がらないうちに痛みが出る。

(施術と結果)
施術しながら途中で何度も痛みの確認をしますが、聞くたびに痛みがなくなっていき、可動が広くなっていきました。仰向けの状態で深く曲げても痛みがなくなったところで立って膝を曲げてもらいました。まだ痛みがあるので、その状態で施術を行い、痛みがなくなりました。もちろん、治療ベッドから立ち上がる時も問題ありません。
少し圧痛が残りましたが、足の屈伸、駆け足(室内)、ジャンプでも痛みはなくなりました。歩いても「楽です」と笑顔が見られました
念のためもう一度くらいの施術で完璧でしょう。一週間後の大会には間に合わせますよ
「インターネットで調べても、治らないような記事ばかりなんですよ。今日はどこまで良くなるのかと思っていましたが、初回でこんなに良くなるとは凄いですね」とお父さん。
次の大会は、もしかしたらウチの長男のチームと対戦するかもしれませんが、お互いにベストの状態でいい試合しましょうね。(君の打席のときだけは、ひそかに応援してるからね




(追記)
本当は3日以内に施術したいところでしたが、連休なども重なって、5日後にようやく2度目です。前回の施術後は、翌朝起きたら少し痛みが戻ったそうです。軽いランニングでも痛みがあるので、野球の練習はチームの手伝い程度。
来院時は、しゃがむ時と歩くときに痛みが残っていました。前回残っていた圧痛もありました。施術後はもちろん痛みは消失。
父親は「あまり無理をさせたくないので、あさっての試合は出さないかもしれません」と話していましたが、さてどうなるか?

とうことで本日、試合当日です。
SH3B0209.jpg

チームの様子を遠目で観察していると、練習前は友だちとふざけあったり走ったりしていて元気そうです。
「どう?」と声をかけたら、
「もうぜんぜん痛くありません。試合も出るかもしれません。ありがとうございました」と笑顔で答えてくれました
1か月以上も練習もしていないので、スタメンではありませんでしたが、途中の守備から出場できました。
久しぶりの練習と試合でまた痛みが出るかもしれませんが、その時はまた治療すれば大丈夫



↓「人気ブログランキング」クリックの
  ご協力をお願いします。
人気ブログランキングへ ←1人1日1回のクリックが有効です。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR