両肩が五十肩。じっとしていても痛いし、夜も眠れないケース。

◎両肩が上がらない、痛い、しびれもでてきた
50代 男性 会社員(現場作業)

(症状)
1年以上前に右肩が痛くなった。整形外科に通いながら仕事を続けていたが治らない。右をかばっていたせいか、1か月前から左肩も痛くなってきた。今は左の方が痛い。最近は両肩にしびれも出てきて、じっとしていても痛いし、夜も何度も起きる。
座位で両手をバンザイしてもらうと、水平位置までしか上がらない。

(施術と結果)
五十肩の根本的な原因は疲労ですが、誰でも疲労はします。ではなぜ五十肩になる人とならない人がいるのか? それは内臓の働きも含めた全体の健康状態が左右します。疲労しても、一晩寝たら回復していればいいわけです。それが、内臓の働き低下、全身の血行不良、筋肉の緊張や癒着、それらが悪循環に陥ると、五十肩のみならず様々な痛みや病気になって現れます。つまり、老廃物の処理・排出がうまくいかない、食事から摂った栄養分を身体の隅々に届けることができない、したがって新陳代謝が遅れることになります。細胞が寿命で壊れるのは待ったなしですが、そのスピードに新しい細胞ができるのが追いつかなければ、組織全体が弱ってしまいます。

内臓の働きの低下は、身体の後ろ側の疲労が原因です。そうなると、
(1)自律神経の副交感神経が狂ってしまいます。副交感神経は心臓を除く内臓をコントロールしています。
(2)筋肉の緊張により、血行が悪くなり、内臓への血流が不足します。
 ※つまり内臓を兵隊にたとえたら、指揮官は休んでいるし、食料も不足している中で休みなく戦っている状態です。内臓疾患の多くは、このように首~腰背部の疲労が原因です。

さて、五十肩の新患さんですが、至る所筋肉の癒着だらけです。他に緊張や縮み、固さも当然あります。
1回の施術で全快するわけではありませんが、かなり楽になるはずです。
施術途中で痛みが軽くなっていくのを確認しながら施術終了。水平位置までしか上がらなかった両腕も耳の近くまで上がるようになりました。
「だいぶ痛みがなくなりました。ありがとうございます」
自己療法も指導しましたが、あとはどれだけ間隔を詰めて通院できるか? よくご検討ください


↓「人気ブログランキング」クリックの
  ご協力をお願いします。
人気ブログランキングへ ←1人1日1回のクリックが有効です。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR