痛風の原因と治療

【痛風の原因と治療】
 痛風の本当の原因は***部のゆがみによる神経圧迫です。したがって、短時間の治療で痛みはその場で治まります。ただし、治療例にある通り、筋肉の状態が悪いと矯正してもまたゆがみがでてくるので、再発を防ぐにはある程度の通院が必要になります。
◎病院の診断・治療は大間違い
 痛風は、一般的に尿酸値が高いことが原因とされ、尿酸値を上げる要素としてプリン体を多く含む食品やビールなどの食事制限が行われます。ぜいたく病などともいわれるゆえんです。また、当然のように尿酸値を下げる薬も処方されます。
 しかし、標題にある通りこれらは誤った考え方なのです。
 第一、いくら食事制限をしても、尿酸値を下げる薬を服用しても治らない場合がほとんどです。「一生薬を飲み続けなければいけない」と宣告される場合もあるようです。食事に気をつけながら薬を何年、何十年と飲み続けても治らないということは、治療法が間違っている(原因が分かっていない)証拠です。肉系の食事やアルコールが悪いというなら、欧米人のほとんどが痛風にならなければ理屈に合いません。尿酸値が高くても痛風になるわけではないし、薬で尿酸値を下げたとたんに痛風になったという例もあります。
 尿酸値はストレスや激しい運動でも高くなりますが、最も重要なことは、内臓の働きが低下していることでしょう。健康な状態であれば、食べ物や運動にかかわらず、尿酸値は一定値を保ちます。
 ・身体のねじれによる神経圧迫→足指の痛み発生。
 ・身体のねじれによる内臓機能の低下→尿酸値等への影響
 というふうに、尿酸値と痛風の痛みを分けて考えた方が矛盾がないでしょう。
 日本では第二次世界大戦以降、生活習慣が変わった(肉食が多くなった?)ために痛風患者が増加した、とも言われていますが、食事内容が変わったのではなく、おそらく(これ以降は私個人の考えです)椅子に腰かけて仕事をすることが多くなったからではないでしょうか。足を組んだまま事務仕事をしたりすれば、たちまち身体のゆがみを生じます。
 痛風に関しては一般常識の矛盾点がまだまだたくさんありますが、きりがないので(^_^;)このくらいにしておきます。


↓「人気ブログランキング」クリックの
  ご協力をお願いします。
人気ブログランキングへ ←1人1日1回のクリックが有効です。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR