ぎっくり腰の原因と治療

HPからの転載です。


ぎっくり腰の原因と治療
 重いものを持ったり、朝に前かがみになったり、運動中に急激に腰をひねったりしたときに起こりますが、単純なものではありません。ひと口にぎっくり腰と言っても様々な症状と原因があります。腰椎のずれで神経を圧迫したときはその場で激痛となります。また筋肉の過度な緊張によっても痛みが発生します。また場合によっては椎間板が潰れてヘルニアまたはヘルニアの初期症状になることもあります。
 治療ではまず、椎間板を損傷していないか、骨格のゆがみやずれ、特定の動きをしたときにだけ発生する痛みはないか、筋肉の緊張の度合いなどを見極めながら手法を選択していきます。ぎっくり腰に限りませんが、一番楽な姿勢で治療することが大切で、痛い姿勢を我慢させることは絶対に避けます。
 椎間板の損傷がないときは、だいたい1~2回でほとんどの痛みは取れ、少し残っている痛みもひと晩、あるいは数日の間に自然にとれていきます。治療後に多少痛みが残っていても、自然に抜ける痛みと判断した時は、自己療法を指導して治療を終了します。

--------------------------------------------------------------------------------
【体験談】 ぎっくり腰は20歳の時、ビールケースを5ケースいっぺんに移動させようとして初めて経験し、その後5年おきに3回経験しました。35歳の時になったぎっくり腰が最悪で、その後3年間は趣味のスポーツを全てやめるはめになりました(痛める直前は、睡眠不足に加え、バスケットボール、野球、バレーボール、早起きソフトボール、ゴルフと、身体をいじめていました)。40歳の時に自然形体療法に出会いましたが、痛めたときに治療したかったな、と悔やんでいます。
 痛い人の辛さは<痛い>ほどわかります。ぜひ当院で治療を!


↓「人気ブログランキング」クリックの
  ご協力をお願いします。
人気ブログランキングへ ←1人1日1回のクリックが有効です。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR