FC2ブログ

治りにくい打撲? 実は亀裂骨折(ヒビ)だった。(小6男子 バスケ)

バスケの試合中、ゴール下で競った際に、相手選手の膝が右足のスネに当たりました。相手選手がバランスを崩したか滑ったか、かなりの衝撃だったようです。
それを転ばすに足で受け止めたので、よりダメージが大きかったのでしょう。
それでもその後も痛みをこらえてプレーを続行。試合後は近所の接骨院で診てもらうと、肉離れに近い打撲ではないか、ということでした。
そこではあまり患部を触らなかったそうですが、次に行った整体では、患部を揉まれ「けっこう痛かった(本人)」
一週間経っても痛みが変わらず、大事な大会を次の週に控えていたため、紹介で来院されました。

初診時、腫れもなく内出血もなく、でも圧痛はありました。打撲用の治療をすると圧痛の範囲が狭くなったようなので、このときはまだ打撲という判断でした。痛みが引かないのは、他の整体で揉まれたせいであろうと。打撲を揉んだら悪化しますので。

二日後、二度目の治療。練習では最初は良かったけど、だんだん痛くなったので途中でやめたとのこと。念入りに打撲用の治療を行って終了。
これで多分、大丈夫と思っていたら、その日の夜にメールが来て、大会までにもう少し万全にしたいと次の日に予約を希望されました。
さすがに、ここに来て気が付きました。これは打撲ではないと。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
記憶を遡ること十五年以上前のこと、まだ私は自然形体の研修生でした。
子供が通っていた小学校の養護教諭がPTAの会合の際に私に相談してきました。
教「半月ほど前に子供が私の足のスネにぶつかってきて、まだ痛いんです」
私「半月も痛みが変わらなければ、それはヒビ入っていますよ」
教「でも、整形外科を二軒回ってレントゲン撮りましたが異常ないって」
私「それはレントゲンの方向が悪い。ぶつかった反対側から撮らないと」
教「でも撮影方向を私が指示したら怒られませんか?」
私「それなら、そっち側が痛いって言えばいい(笑)」
後日、私の携帯に電話が入り、やはりヒビが入っていたと。整形外科が何をやっているんだと憤慨していました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
治療前に骨折の検査です。
スネ部分、つまり腓骨付近を軽く押しても圧痛があります。
そこで腓骨を骨折方向に動かないように保持した状態で押して見ると、痛みがありません。
骨折は骨が密着していれば痛くないのです。
昔のエピソードを交えて本人とお母さんに説明しました。また、腓骨より圧倒的に脛骨のほうが太くて丈夫なので、歩くのは問題がないこと、ギブスやテーピング、サポーターなどで固定しようとすると骨折方向に力が加わるので何も巻かないこと(ふくらはぎの筋肉があるので添え木は不可能)、そして次の大会は諦めましょう、と。

骨折の治療(骨を密着させる)を施して終了です。
後日、私が言った方向からレントゲンを撮ってもらったという報告がありました。
「ちょっともやっと写っていて、先生も『やはりヒビが入っていたようですが、もうくっついてますよ』と言っていました」

大事な大会は出場叶いませんでしたが、ミニバスはまだたくさん大会があるし、しっかり治してから、いい思い出づくりに力を注ぎましょう!


★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》
 tel  0250-68-1400

水飲み健康法は、何をどう飲めばいいのか。

久しぶりに『カテゴリー:健康コラム」への投稿です。
患者さんからメールで問い合わせがありましたので、せっかくなのでこちらに掲載しました。
水飲み健康法については、ネット検索すると、推奨している記事も反論している記事も数多く出てきますので、詳しくはそちらもご参考にされてください。なるべく多くの記事を読まれると良いと思います。
ここではなるべく簡潔に述べたいと思います。

水を飲む健康法では、多数の記事で「食事以外に(液体として)口から補給する量は、一日1~1.5リットル」とされています。
これは欧米人の基準らしいので、水分を多く含む「ごはん」を主食とする日本人であれば、おおよそ1リットル前後であろうと推測されます。食後のお茶やコーヒー、薬やサプリを飲むときの水、のどが渇いたときの水分補給(水、ジュースなど)などの合計で1リットルですね。
お酒などのアルコール類は利尿作用などにより飲んだ以上の水を排出するらしい(特にビール)ので、水分補給にはならないそうなのでご注意を。
あとは体格とか夏場などの気温上昇による発汗、運動、などを考慮して補給するのが良いと考えますが、不足気味よりは“少し”多めに取るほうがいいでしょう。

一日に大人が食べ物や飲み物、体内で作られる代謝水の合計が約2400ml、尿や汗で排出される量がやはり2400ml。つまり、普通に生活していれば、だいたいバランスが取れているのです。
注意が必要なのは、バランスが取れているかもしれない摂取量にプラスして「水だけで2リットル以上の水を飲む」という健康法が良いかどうか、です。
カフェインや糖分の取り過ぎを考えると、食後のお茶やコーヒー以外では、水のほうがいいでしょう。しかし、水の取り過ぎによる“水毒”も指摘されていますので、あまり一日の目標値を決めて“無理に飲む”ことには注意が必要です。
飲みたくない(身体が欲していない)のに、飲むことは結果的に身体に負担をかけるのではないでしょうか。
もちろん、推奨する意見もありますので、実行する場合は反対意見も十分参考にしたほうがいいですね。

また、「真水で2リットル取るべきだ」という考え方もあります。しかし、カフェインや糖分のことを考慮しなければ、水道水も浄水器の水も、お茶もコーヒーも、ほとんど水分なので、真水にこだわる必要はないと思います。
しかも、通常私たちが“水”として認識しているものにも、不純物は含まています。さらに、仮に“純水”を飲んだとしても、胃腸の中の未消化の食べ物、あるいは胃酸などと混ざって、一瞬にして純水ではなくなってしまいます。

ですから、食後のお茶やコーヒーのほか、牛乳や豆乳、水(水道水、浄水器の水)などで適量を取る。カフェインやカロリーが心配なら麦茶などもいいですね。


★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》
 tel  0250-68-1400

オスグットの特殊例(小5 女子 バドミントン)

二か月前から痛み出し、整形外科に通うもなかなか良くならず、指導者の紹介で来院です。
立位から膝を曲げ始めるとすぐに痛みだします。
初回は通常の治療でしゃがみきっても痛みがなくなりましたが、圧痛が少し残りました。医師の指導で膝バンドをしていたらしいので、どうもそれが原因のようです。
膝バンドやサポーターをすると治りにくくなるばかりか、悪化する場合がほとんどなので、そういったものをしないように、よく説明して初回は終了です。

2回目の施術前の状況はもうしゃがんでも痛みはありません。練習中はまだ少しだけ痛かったという話。
一番痛い動作はと聞くと、「痛い方の足(右)を前に出して踏ん張ったとき」と言います。
この動作の痛みの原因とみられる圧痛がなかなか取れません。
通常の方法やオスグットの特殊な例も含めて施術しますが、あまり変化がありません。

通常のやり方で圧痛が取れなければ、よ~く考えなければいけません。
膝に指撫法をしながら、壁に貼ってある人体図を眺めていると、ふと閃きました。
まだ圧痛が変わらないことを確認した上で、ある方法をやってみること数分……。
圧痛が完全に取れました。

立ってもらって、右足を踏み出して踏ん張っても問題ありません。
本人は痛みがなくて大喜びでしたが、お母さんが今ひとつ納得していない様子で、「本当に痛くないの?」と何度も聞いています。
念の為、もう2、3回練習してもまだ痛みが残るようなら、すぐ来てくださいと伝えて終了しました。

オスグット自体は、初回の治療で改善していた感じです。残っていたのは言ってみれば関連痛といったところでしょうか。
いずれにせよ、オスグットは医療機関では治せないばかりか、より悪化させるケースがよく見られます。ご注意を。


★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》
 tel  0250-68-1400
プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR