医師に「薬を出すのは医療費のムダ」と怒られた、変形性膝関節炎が改善(60代 女性)

昨年の3月に階段で転んで右膝を捻ってしまいました。炎症をおこしたので整形外科で痛み止めと水抜き、ヒアルロン酸注射などの処置を行いました。
しかし、症状が改善するどころか、右膝をかばっていたで左膝も痛くなってしまいました。
座っていれば痛みはありませんが、立ったり歩いたりすると痛みます。
杖をついていてもかなり激痛で、座薬の痛み止めも全く効果がありません。
一旦、地元の整形外科から、ペインクリニックに変えて3か月通いましたが全く変わらず、また地元の整形外科に戻ります。
医師に「本当に痛いんです」と伝えると、薬を変えてくれますが、どの薬も効果なし。看護師からは「もっと強く先生に痛みを訴えたほうがいいよ」とアドバイスをもらう始末。
整形外科も変えてみますが、いずれも結論的には『膝軟骨のすり減り、老化、筋力不足』と言われまいした。片足立ちのトレーニングやとにかく運動しろと指導されて、頑張ってみますが痛みは改善しません。

こうして苦しい日々が続くと、うつ状態になってしまうといいます。夫を40代前半で病気でなくし、「もう十分生きたから長生きしなくていい」とまで考え始めたとか。
こうして一年以上過ぎたころ、長男のお嫁さんが「職場で評判のところがあって、ちょっと遠いけど、送ってあげるから行きましょう」と言ってくれました。

両膝を曲げてよたよたと治療室に入ってこられました。いろいろ話を聞きましたが、相変わらず整形外科の治療と指導はひどいものです。
まず、膝の痛みは老化・筋肉不足・運動不足はまったく関係ありません。片足立ちのトレーニングなんて症状を悪化させるだけです。腕の骨を負った人に腕立て伏せをさせているようなもの(ちょっと極端な例えですが)。
膝に溜まった水を抜いて、ヒアルロン酸を注射するのもよく行われる処置ですが、そもそも膝の水の主成分がヒアルロン酸です。内出血して血が混じったというならともかく、ヒアルロン酸を抜いたり足したりでどう変わるのか?
軟骨がすり減って関節のかみ合わせが悪くなり、そのために神経性の関節痛が出ることはありますが、軟骨そのものには神経がないので痛みません。

この方の場合、一番の原因は膝裏にありました。重症ですが、わりと単純なもののようです。変形性膝関節症の場合、たまになかなか痛みが引かない症例もありますが、この方の場合は治療するごとに痛みがなくなっていくことでしょう。

初回の治療後、「痛みはありますが軽くなりました」と笑顔で買えられました。
その10日後に2度めの治療。
初回の後は、家に帰ったら痛みが戻ってしまったといいます。
そしていつもの整形外科に行って「薬が効きません」と訴えると、とうとう医師が怒ってしまいました。
「あなたみたいに、いつまでも痛い痛いというような人には、医療費がもったいないから薬は出せません」と。医師失格ですね。

2度目の治療後は、家に帰って痛みが戻らないよう、車中での自己療法を指導しました。
3日後に3回目。治療後は痛みがなく歩くことが出来、「1年3か月ぶりに痛みがありません! 杖もいりません」と満面の笑顔。
その一週間後に4回目の治療。
どうやら3回目の治療後は、非常に経過もよく、近所のスーパーでも痛みなく買い物ができ、レジの人たち全員にびっくりされたとか。それだけ傍から見ても気の毒な状態だったんですね。
「この後、孫のサッカー大会の応援に行ってくるんですよ!」と嬉しそうに話してくれました。
そうそう、人生まだまだ楽しいことがいっぱい待ってますから、元気で長生きしましょうね(^^)/




   ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。 人気ブログランキングへ  ★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

Try everything! マスターズ 2016/6/16

続・明日のジョー作戦》のタイトルは、トライ・エヴリシング!
You Tubeで偶然見つけた動画を、私自身への応援歌と決めたので、新タイトルに採用しました。ただこれだけだとちょっと分かりにくいので、マスターズの文言を無理やり入れました(笑)
最初見た時から何かメロディが耳に残り、歌っているAmiさん(DreamE-girlsのメンバー)の可愛らしさと画像の美しさとが相まって、何度か聞いていました。
良く歌詞を聞いてみれば、単純ながらも分かりやすくて、マスターズ陸上で記録向上を目指している身にとってピッタリの内容でした。

「ダメだった うまくいかない そんなことばかりよね それでもね 進んでいくの ちゃんと前を向いて…」という歌い出しから、何かピッタリでしょう?(笑)
それでもどこかミーハー的な後ろめたさはあったのですが(笑)、その後、これが今上映中のディズニー映画『ズートピア』の主題歌・日本語版と分かりました。どうりで歌詞がシンプルなわけだ。
さも自分が見つけた隠れ情報のように紹介してしまいましたが、むしろ情弱だったのですね(苦笑)
漫才コンビ・ナイツの土屋さんの「今さらかよ!」とツッコミが聞こえてきそう。

ということで本日のトレーング。
今月から練習方法を変更しました。それは20~30m程度の短いダッシュを繰り返すというもの。
スタートダッシュに問題があるという対策も兼ねていますが、思えば私が30歳前後の頃に足が速かったのはバスケットボールのおかげでした。バスケットボールのコートは28m。これくらいでいいはずなんですね。だからボールを追う気持ちで、休まずダッシュを繰り返すトレーニングを当分続けてみます。
今までは足慣らしに短いダッシュをして最後に100m程度(歩測)をやっていたのですが、なかなか一人で走る100mはキツイ(笑)
また、なるべくダッシュ1本1本に最大限の筋力を使うという意味もあって、次の1本まで呼吸を整えたりストレッチをしたりしていましたが、その時間がだんだん長くなってしまいます。
疲れている状態で100mのスタートを切りづらいという根性なしには、むしろ休まず連続でどんどんダッシュを繰り返したほうがいいようです。
実際にトレーニング終了後はかなり筋肉に疲労がきていますから、これはいいかも!




   ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。 人気ブログランキングへ  ★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》



大会直前で両足が痛い、動かない(高3 女子 テニス)

先月の症例です。
県大会出場をかけた大会目前。選手のおばあちゃんから「孫が足が痛くて困っているんだけど……」と電話がありました。
電話をもらったのが土曜の夕方でしたが、ちょうど夜に所用があったのと、お孫さんも日曜も練習に行くようなことだったので、とりあえず緊急性はないと判断し、学校から帰ってきてから治療することにしました。
でもなんだか気になったので、電話をもらった携帯電話に「可能であれば練習行く前、早朝でも対応しますよ」とショートメールを送っておきました。
ところが、翌日早朝にまた電話があり、
「朝から足が動かなく、とても練習に行けそうもありません。これは休日診療でもいいから医者に行くべきということになりましたので、今晩の予約はキャンセルさせてください」とのこと。
「もし肉離れとかいう診断でしたら、病院よりもこっちに来たほうがいいですよ」と一言添えて電話を切りました。
意外と重症だったのか? こんなことなら用事をキャンセルしても治療してあげればよかったかと、ちょっと気持ちがもやもや =3

すると月曜の夜、
「医者に行ったんだけど、全然治りません。肉離れではないそうです。やっぱり診てもらえますか?」とのこと。
しかしこの日は時間外にも予約が入っていたのでさすがに無理。
大会は水曜日。前日の火曜夜の時間外に予約を入れました。

両膝内側が痛くてしゃがめないということでしたが、土日の状態よりは少し良くなっているとか。
確かに肉離れや靭帯損傷といった怪我ではないですね。これなら十分試合に間に合います。

施術後は、楽にしゃがめて正座もでき、思わずニッコリ。
後で聞いた話では、見事、県大会出場も決めたとか。よかったね。



   ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。 人気ブログランキングへ  ★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》


MRIで頚椎が閉塞している首・肩の痛み(40代 男性)

ちょうど一年前に、首・肩の神経痛という訴えで来院した方。
常に痛みがあり、ジャンプした時に電気が走るという症状でしたが、レントゲンでは異常がなく、医師に「美味しいものでも食っとけば治る」と言われとか。
そのときは頚椎の動作時のずれやコリが原因で、1回の治療ですっきりしたという記録が残っていますす。

ところがまた首の痛みが出始め、今度はMRIで検査してみると、「頚椎脊柱管が閉塞している」という診断が出ました。内服を処方されたものの全く効果がなく、当院に再び来院です。

一年前のことがあるので、脊柱管狭窄症ははじめから疑問でしたが、症状を聞いてみると左の首筋に激しい圧痛があるといいます。しかも首~肩~肩甲骨まわりがカチカチに固くなっています。
これは狭窄症ではないですね。
治療をしていくと圧痛はすぐに楽になり、やはり頚椎のずれがあることが分かりました。

結局、2度の施術でスッキリ!
狭窄症という診断を信じて手術なんてしていたらとんでもないことになっていましたね。




   ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。 人気ブログランキングへ  ★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR