半月場損傷で松葉杖だったのに…(30代 女性)

最初に膝(右)を傷めたのは10年前にスノーボードで負傷した時といいます。その後、ときどき膝がガクッとなって痛みがでるようになりました。でもそれは一瞬と行ってもいいほどの痛みだったので、スノーボードもずっと楽しんできました。
ところが2か月ほど前、いつものようにガクッときた感じだったのですが、今度は痛みが引きません。それどころか次第に悪化し、歩行困難な状態になってしまいました。
今までも痛い時にたびたび通っていた近所の整形外科では「レントゲンでは異常ないけれども、ここでは手に負えないから、もっと大きな病院で診てもらって下さい」と、有名病院を紹介してもらいました。
そこでは先生から「私の長い間の経験から言って、これは半月板損傷に間違いありません。次回念のためMRIで検査しますが、手術するしかないので、その方向で進めます」と言われました。
でも手術はしたくないとネットで検索し、当院を見つけました。

松葉杖を使っていると、予約時の電話で話していらっしゃいましたが、雪道ということもあったのでしょうか、松葉杖は使っていませんでしたが、すり足で玄関前を歩いている姿が部屋の中から確認でしました。

来院時の状態は、歩くのはもちろん、立って体重を右足にかけると痛むようです。でも体重がかからない状況での軽い曲げ伸ばしは大丈夫。
また、膝を限度いっぱいに伸ばしきるときや、深く曲げた時に痛みます。傷めた直後は、膝の内側が腫れてシップしていたといいます。
さて、原因は何か。このブログで何度も書いているとおり、痛みの原因は半月板損傷ではないことはあきらかです。血管も通っていない半月板が腫れるはずもありません。
レントゲンでは変形もなく、綺麗な状態だったといいますから、関節のずれか筋肉・靭帯等の組織の痛みのはずです。

普通は(特に運動をしている場合)、筋肉は慢性疲労やオーバーワークでガチガチになっています。
しかし、この方の筋肉はどこを検査しても柔軟で、問題があるようには思えません。
関節のズレを調整しても完全には痛み、違和感が取れません。

膝裏も柔らかく問題がなさそうでしたが、どうもその奥に問題があることが分かってきました。同様に内側側副靭帯もおかしいようです。縮んでいると思われる部分を牽引してみると、「すごく膝が気持ちいい」と言います。
こういうふうに言っていただくと原因がすぐに確定しますね。

立ってもらって確認すると……
「痛くないです。まるで魔法にかかったようです!」と驚きつつ、笑顔がこぼれます。
また痛みが戻るかもしれませんが、何度か治療すれば大丈夫。もう手術の必要はありません。
次回まで自己療法もしっかりやっておきましょう。

10年前に膝を傷めて以来、開脚のストレッチではいつも膝が痛かったそうですがこれも大丈夫。
「何か、私ウソついていたみたいになっていますが、本当に痛かったんですよ」
分かってますよ(笑)。でも良かったですね。

さて翌日、新規の予約電話がありました。
昼前の時間帯にちょうどキャンセルが出たばかりだったので、タイミングよくそこに入れました。
電話してきたのは男性でしたが、
「実は今朝、会社の事務員が『ちゃんと歩ける。ゴッドハンドだ』とすごく喜んでいたので、私も肩を治療して欲しいのです」とのこと。
「あ、昨日の○○さんの会社の方ですね」
どうやら一晩たってもいい状態をキープしているようですね。安心しました。

さて今回のように、全ての半月板損傷が、1回の治療で改善するということではありません。
これは、劇的に改善するような痛みでも、病院では手術必至の半月板損傷と診断されてしまう、ということです。恐いですね。
原因次第では治療回数のかかる場合もありますが、まずは当院にご相談を。




 ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。

人気ブログランキングへ 
★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

そのストレッチ、間違ってますよ。小学生の腰痛。(小学6年 女子 ダンス)

約2年ほど前に有痛性外脛骨で来院した女子。「今度は腰が痛くて」とお母さんから電話がありました。

どうや20日ほど前から痛み出し、ダンスレッスンを休んで安静にしていても悪化するばかり。10日ほど前に病院へ行きましたが、レントゲンでは異常なし。リハビリの先生からストレッチ体操の指導を受けました。それをやってもさらに悪化したといいます。
立位から15度くらいの角度(会釈程度)しか前屈ができない状態になっていました。

治療室へ入った瞬間、思わず「大きくなったね!」と声をかけていました。2年前とは身長が10~15センチくらい違うでしょうか。表情も大人っぽくなりましたが、笑顔が耐えない朗らかな感じはそのまま。

さて体の状態ですが、さっと背中を撫でただけで筋肉が異常に張っているのがわかります。疲労からの筋肉緊張と動作転位と思われます。
これは腰まわりもさぞかし張りが……と手を回したら、くすぐったくて身体をよじります。
くすぐったいゾーンに入ったようで、特に腰回りが異常にくすぐったいようです。背中や足を触るのがぎりぎり限界。困りました。
冷静に「今だけだよ。すぐに慣れるからね」と言い聞かせますが、あまり効果は無いようで(笑)

マザーキャットなら何とかOKなのですが、それだけだと筋肉の状態が分かりません。時々、瞬間的に触って治療効果を確認しながらすすめます。
何とか大丈夫だろうという段階になってから確認してみると、90度くらいまで前屈ができました。いい感じですね。さらに追加治療。
だんだん床に手がつきそうです。あとは家でのストレッチで十分と思いますが、気になるのは病院のリハビリから教わったというストレッチ。ちょっとやってもらいました。

案の定、ストレッチが難しいばかりか、余計なところに力が入ってしまうために逆効果になっていました。
例えば太もも前側のストレッチ。
ここを伸ばすために無理な姿勢をとるので、逆に腰回りに力を入れなければなりません。腰の筋肉が異常緊張して痛みが出てるのにこれはやってはいけません。
もっとシンプルに、一般的なストレッチでいいはずですが、どうも病院ではあえて難しい方法を教えたがるようですね。以前サッカーの男子を治療した時も同様のことがありました。

さて、正しいというかシンプルなストレッチをやってももらってから、もう一度前屈してもらったら、今度は無事に床に手が届きました。もう安心ですね。
これから中学生用のプログラムに入っていくためにレッスンも厳しくなるようですが、疲労をためずにがんばって下さい。





 ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。

人気ブログランキングへ 
★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

治療効果?でゴ~~~~ル! (中2 男子サッカー)

約8か月前にオスグットで来院した中学2生サッカー部員。オスグットは2回の治療で回復しましたが練習はかなり厳しいようで、その後も足首痛や、(オスグットではない)膝痛などでちょくちょく来院しています。
特に大会前は一段と練習も厳しくなるようで、ご両親もハラハラしながら見守っている様子です。

今回も土曜開催の大会を前に、「足が思うように動かない」という本人の訴えで木曜夜に連絡が来ました。とはいっても金曜の予約はいっぱい。でも、夜遅くてもギリギリ可能な距離なので時間外で対応することにしました。

立位で膝を曲げると左アキレス腱が痛みますが圧痛はありません。足全体がガチガチに固くなっています。これでは思うように動かせませんね。
時間を掛けて筋肉の緊張を取り、アキレス腱の痛みも解消しました。
「じゃあ、頑張ってね」と送り出しましたが……

すると今日の仕事中に、ご両親からSMS(ショートメッセージサービス)が入りました。
『昨日は、大変ありがとうございました。本日、予選一位通過しました!最後は、一点決めてくれましたよ〜(原文)』
嬉しい報告でしたね。その1点のアシストは非公式で私にも半分権利あり(笑)
次もがんばって下さいね(^o^)/~





 ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。

人気ブログランキングへ 
★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

マザーキャットさまさまの膝痛(40代 女性)

数年前、手術が必要と言われた左膝の半月板損傷が当院で改善した女性です(月一でメンテナンス中)。
左膝はその後もまったく問題がなかったのですが、1か月前に今度は右膝に痛みが出てきました。
その時は関節のずれを調整したら大丈夫そうだったので、また1か月後に予約。

そして今日1か月振りに来院です。
どうやら前回の後、2週間で急に悪化したらしいのですが、仕事も忙しく我慢していたのだとか。
正座のように曲げてしまえば大丈夫だけど、立位から90度の屈伸や階段を降りるときに痛むといいます。
体重がかかっていなければ痛みはありません。

前回、動作時の関節のズレ調整が有効だったので、今回も最終仕上げにはそれをやる予定で基本的な筋肉治療から始めます。
膝痛で悩む人の多くは大腿前部の筋肉が固くなって伸びなくなり、うつ伏せで膝を曲げると踵とお尻が容易に付きません。
でもこの方は全く問題なくできるので、筋肉治療もやや固い膝裏を中心に行います。
その後、お皿や足首、そして膝関節の調整を行ってから、痛みの確認で立位から膝を曲げてもらうと……
「痛い、痛いです。」 
(アレッ;汗)
再度、マザーキャットクッション等で数種類の治療を行いますが、効果なし。(やや焦り)
立った状態から関節の調整を行って少し改善。

あまり立ったり横になったりが多くても疲れるだろうと、ベッドに腰掛けてもらって治療します。
でも何が有効なのか、原因は何なのか、どうもはっきりしません。
とりあえずこれまでの経過を説明しながら、マザーキャットを2個持ち、座った状態のまま膝を中心にポンポンコロコロを繰り返します。
「これで病院に行ったら、また半月板損傷と言われるんでしょうね」と患者さん。
「多分。でも違うよね」と答えながらも、(じゃあ何だ)と悩みます。

ここで痛みをもう一度確認してもらいます。すると……
「あ、かなり楽です。あまり痛くありません」
「えっ、そうなの? (これでいいのか)」
じゃあさらにマザーキャットで追加治療。体重をかけて屈伸しても大丈夫になりました。
マザーキャットの代わりの自己療法を教えて終了。
また1か月後に予約されましたが、途中で悪化したら今度は我慢せず早めに連絡して下さい。

ちょっと焦りましたが、最後はマザーキャットさまさまでしたね。山田先生ありがとうございました。





 ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。

人気ブログランキングへ 
★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

2016 新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。

珍しく、まったく雪のない年末年始を過ごしました。
快晴の元旦には夫婦・子どもたち、五人揃って新潟市・白山神社に初詣。やはり天気が良いと人出もありますね。
大鳥居から続く参拝客の長蛇の列に身を任せ、美味しそうな匂いを漂わせる屋台が、左右に立ち並ぶ参道を進みます。
「人混みはいやだ」と言う末っ子・長男も、大事な行事と覚悟を決めたのか二度と不満を口にすることなく、無事に参拝を済ませます。
今年は次女が大学受験なので、合格祈願に絵馬を奉納です。
三年前、やはりここで絵馬を奉納し、この日東京から帰省した長女は、もう大学三年生。
早いなあ、俺も歳を取るわけだ(笑) 
とはいえ、まだまだ元気いっぱいですよ。「五十五歳でGo! Go!」を今年のモットーにしましょう。

さて、近年は強風などの悪天候のために中止が多かった『お焚きあげ』も無事に行われていました。
お焚き上げの火力で焼く縁起物のスルメを購入する人も多く、売り子の人たちの笑顔も印象的でした。
みんな笑顔で過ごせるといいですね。平和で健康で、平凡で。

さて本年も、痛みや病気で困っている人たちのために誠心誠意、治療(施術)してまいります。
特に今年は、いま一度基本に立ち返り、故・山田先生が生前に何度も戒めていた”自己流に陥る”こと無く、技術を正確に後世に伝えていくことを念頭に置きながら精進してまいります。

本年もよろしくお願いします。




 ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。

人気ブログランキングへ 
★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

テーマ : 日記
ジャンル : その他

プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR