指を切っちゃいました(50代 男性 治療家)

ほんの1時間ほど前のことです(体験談)
遅めの夕飯を食べ終わり食器を流し台に持って行くと、明日の料理の仕込みをしている妻がせっせとフライパンを動かしていました。
シンクを見ると、今使ったばかりのトマトの空き缶が置いてあります。
ここで夫としての点数をあげようと思ったのは間違った判断ではありません。
ところが手にしたスポンジで空き缶の縁をぐるりと洗った瞬間、右手薬指に鋭い痛みが走りました。
「イテッ!」……やっちゃいました。
「缶詰の切り口は危ないから私も気をつけているのに……」と妻が声をかけてくれました。
続けて、
「止血のテープ持ってこようか? それとも自分で止める?」と。
さすが治療家の妻ですね。よくお分かりで。

まずはポタポタ出ている血を、水道水で流しながら指を絞って多めに出します。バイキンが進入するのを防ぐためですね。
あとは椅子に座って、血がにじまないように、そして痛みが出ない程度の力加減で傷口を塞いでひたすらじっとしています。
そのまま5分ほどじっとしていると、かすかな痛みも薄れてきました。もう大丈夫でしょう。
傷口を抑えていた左指をそうっと離すと、見事傷口がふさがりました。
もちろん、ズキズキ痛むこともありません。

かつて、飲み屋の低い鴨居に頭頂部をぶつけて3センチの裂傷を負ったときも、家族旅行で行った佐渡の二ツ亀海水浴場で岩場の貝を踏んでしまい、一センチくらいの貝殻が埋まってしまうほど深い傷を負ったときも、その場で自力でくっつけました。
そんな私にとって、これくらいの切り傷は蚊に刺されたに等しいです(笑)。傷絆創膏も必要ありません。
でも、うっかりキーボードを傷口で叩いたら、ちょっと痛かったです(笑)
まあ今晩は安静にしておきましょう。風呂は湯船につけないこと、シャンプー等で薬指を使わないことに気をつければ、そのままで大丈夫でしょう。

なお、皆さんはこれを読んでも、安易に真似をしないようにしましょう。
またはきちんと消毒してから行いましょう。




 ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。

人気ブログランキングへ 
★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

リウマチ検査で陰性の両手指のこわばりと痛み(40代 男性)

半年前から両手指の親指が開く方向で痛く、他の指も第一関節を中心に強張りがあります。また一年以上前から左首、左肘も痛いのですが、レントゲンでは異常がなく、トリガー注射を数回打っていますが改善しません。
左右どっちを向いても左首が痛く、睡眠中もかなり気になります。

手指の痛みについては首とは因果関係が薄いと、リウマチ検査をしましたが陰性でした。
では何が原因なのかと医師に聞いたら、
「まあ…… 美味しいものでも食べていなさい」とだけ言われました。(@_@)?

息子(小6 サッカー)の踵骨骨端症が当院で改善したので、自分も治るかと思い来院されました。
左肘は伸ばすときの関節のずれ、両手指の親指も関節のずれ、他の指はおそらく写真の撮り過ぎによる疲労でしょう。一眼レフで二人の息子だけでなくチームメイトの子どもたちの写真を、試合だけでなく練習風景までも、一日に1000枚ほど撮るといいます。
それを毎週欠かさずですから、首~肘~手に負担がかかるわけですね。

親指のずれは自分でも簡単に解決できるので、指にペンで印をつけてあげました。あとはストレッチを十分にやれば大丈夫でしょう。
首は仰向けで治療しましたが、少し首を左右に向けただけで顔をしかめるので、再度ベッドに座ってもらって治療します。
多分、下を向いても痛いはずと思ってやってもらうと、案の定痛みます。これも頚椎のずれですね。
下向き、上向き、左右とずれを修正し、通常の可動限度付近まで痛みなく左右を向けるようになりました。

もう注射は打たなくていいですね。でも、美味しいものは今までどおり遠慮なくどうぞ(笑)




 ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。

人気ブログランキングへ 
★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

擬似オスグット? 治療は意外な結末に (中2女子、バレーボール)

約一年前に両膝のオスグットで一回だけ来院した女の子。
久しぶりの予約電話がなりました。「ずっと膝が痛いのでまた診てもらえますか?」とお母さん。
記録を見ると、立位から膝を90度曲げたあたりで痛みが出る状態と書いてます。しかしその他に目立った記述がないことから、通常の治療で膝を曲げた時の痛みがなくなったのでしょう。

治療前に確認すると、右膝下(典型的なオスグットの痛い場所)に圧痛がありますが、膝の屈伸では痛みがありません。念のため、片足づつ体重をかけて曲げてみると、右膝だけに痛みがありました。
これだけ見ると去年よりはずっと軽いような感じですが、一年前に治療した後もずっと痛かったのだとか。
バレーボールをやっているときは、ジャンプして着地した際に痛みがあるそうです。

オスグットの通常治療を行います。
もちろん、両足ともかなりの疲労が溜まっています。
治療途中にお母さんが、
「朝起きた時に、動き出しが悪いようです」と教えてくれましたが、あまりオスグット病では聞かれない発言です。
(おやっ?)と思いましたが、朝に痛い場合の一般的な理由だけ説明しておきました。

さて、ひととおり治療して、立った状態から片足づつ加重して曲げてもらいますが痛みはありません。
しかし念のため、ベッドに座った状態で圧痛があった部分を軽く押してみると、「痛いです」と。
(???)
その状態でオスグットの靭帯治療をしますが、圧痛が取れません。マザーキャットや指撫法もだめ。
そこでようやく気が付きました。(これはオスグットではない!)
この膝下部分では初めてのケースですが、たぶんアレですよ、アレ(^o^)b
治療法を切り替えてやってみて1分弱。
「痛くありません!」やっぱり!

「これはオスグットではありませんね」とお母さんに告げると、
「えっ! じゃあ病院に行ったほうが良いですか?!」とビックリされていましたが、大丈夫。もう解決済みです(笑)
(昨年もそうだったのかなぁ……)と思ってみてもしょうがないですね。
バレーボール特有の動きが原因で痛みが出たと思われるので、今後バレー部員のときは要チェックです。

数年前、県外の名物先生が「オスグットには自信があったのに、何度治療しても圧痛が取れない!」と嘆いていたのを思い出しました。そういえば患者さんは、やはり女子バレーボール部員でした。
その先生とはもう交流がないので、その後どうなったか確認のしようがないのですが。





 ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。

人気ブログランキングへ 
★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

有痛性分裂膝蓋骨の原因は…(中2男子 サッカー)

学校の部活とクラブチーム掛け持ちで頑張ってきました。二か月前、試合中に左膝をぶつけて傷めました。
その後もプレーが出来ないほどではないので、痛みを我慢して続けてきましたが、痛みがなかなかおさまりません。
走るときは良くなりましたが、ボールを蹴ったり踏ん張ったりして荷重がかかると痛みます。
ようやく病院に駆け込んだのが二週間前のこと。そこで「先天性かどうかはわからないけど、有痛性外脛骨でしょう」と診断されました。指導してもらったストレッチ体操を毎日一時間やりましたが効果がありません。

来院時の状態は、両膝屈伸時と、つま先を挙げない程度の軽いジャンプでも痛みがありました。腫れはありません。
まずは基本治療として足全体の筋肉の緊張をじっくりと取ってみますが、屈伸やジャンプであまり痛みに変化がありません。
オーバーワークによる痛みであればこれでかなり良くなるはずですが、傷めた時の状況を考えると、もう一工夫必要ですね。
すると今度は、短時間の治療で痛みが大幅に軽減しました。やはり打撲の後遺症ですね。

もちろん、分裂膝蓋骨は関係ありません。
膝蓋骨、つまり膝のお皿の骨はたとえレントゲンで分裂しているように写っても、膝蓋靭帯にしっかりサポートされているので、実際には一体のものとして考えていいと思います。
この患者さんの痛みの原因は前述のとおり打撲の後遺症です。

おそらくもう1回も治療すれば大丈夫でしょうが、病院で習った数種類のストレッチというのも気になります。
家でやっていることを再現してもらうと、おやおや、そのうちの一つは、効果があるどころかむしろ傷めてしまいますね。これは即中止。
他のストレッチも、動作が複雑すぎるし力も入りすぎますね。もっとシンプルにリラックスしてやる方法がいいです。いくつか指導して初回は終了。

そして五日後、二回目の来院。
治療前に様子を聞くと、小声で
「前よりは良くなってきた」といいます。
もうちょっと良い答えを期待していたのでちょっと意外。
「どんなときに痛かった?」と聞くと、ちょっと首をひねり
「あまり、痛くなかった」とのこと。
屈伸も、大きめのジャンプでも大丈夫なので、かなり改善している様子。

ひととおりの治療が終わると、お母さんが、
「実は、前回治療していただいた翌日、『ボールを蹴っても痛くないよ』って笑顔だったんです」
それは良かった。やはり順調に回復していましたね。
では、治療後の状態もいいことだし、これで終了です。




 ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。

人気ブログランキングへ 
★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR