徳島県からお礼の電話です。枕と自己療法で、蓄膿症が改善。

「蓄膿症で悩んでいます。ネットで(貴院の)記事を読みましたが、そちらで売っている枕は効果がありますか?」
と電話をもらったのが2週間前。
このブログ内の蓄膿症の記事を読まれたんですね。古い症例ですが
「蓄膿症は首が原因のこともありますから、試してみる価値はあると思います。でも、実際に治療したほうがずっと効果はあります。どちらにお住いですか?」
「徳島県です」
ああ、それでは通院できませんね(>_<)
では通常の使い方説明書に加えて、蓄膿症用の枕を使った自己療法の解説文も加えて「健康くび枕」を送りましょう。

(到着後、そろそろ10日ほど経過)

治療中に電話がなりました。予約かな、と思って電話に出てみると、
「先日、枕を送っていただいた徳島県の○○です」
一瞬、もっと詳しい使い方の質問なのか、それともクレームなのか迷いましたが、
「あれからすごく調子が良くて、お礼を言いたくて電話しました」と明るい声!
おっ、いいですね(^^)/ 枕だけでこんなに早く効果が出るとは私も驚きです。

話によると、10年間も耳鼻科の薬で改善しなかった蓄膿症が、すごく楽になったのと首・肩のこりや痛みも楽になり、姿勢も良くなったとか。短時間の会話でしたが、喜んでいる様子が伝わってきて私も嬉しくなりました。
ご丁寧な電話、本当にありがとうございました。

説明文には、徳島県の自然形体療法院のことも紹介しておきました。ぜひそちらにも行かれてみてください。




 ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。

人気ブログランキングへ 
★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

明日のジョー作戦 2015/5/21

明日のジョー作戦、2週間ぶりの活動と約50日ぶりの報告です。
昨年は全力で走るたびにケガなどに見舞われ、練習量をセーブしながらやってきました。
ここに来て、ようやく体調も復調してきたものの、時すでに遅し。マスターズ陸上の本番である6月のレースに出るには、あまりにも走り込み不足。
なんとか秋の記録会には間に合うように、これから徐々にペースをあげていく予定です。

さて今日は時折陽がさすものの冷たい風がやや強く、休み休みダッシュしていては身体が冷えてしまいます。
スタミナ不足ということもあり、今日はジョギングすることに。でも普通に平坦な道路を走っていても物足りないので、今まで走ったことのないコースを走ってみたり、坂道や階段登りも取り入れることにしました。

環境センターの坂道や母衣王神社の階段や参道を走るコースは久しぶりです。
コースと言っても最初から決めているわけではなく、その場で適当に判断しながら走っているのですが、思わぬ発見もありました。
環境センター近くには大規模な太陽光パネルの発電所ができていました。阿賀野市テクノタウン内の発電所しか知らなかったので、ちょっとビックリ。ここも県の施設なのかな?

母衣王神社参道入口から奥の山方面は行ったことがなかったので、細い砂利道の山道を恐る恐る走って行くと……。
なんだ(笑)恐れることはなかったです。笹岡小学校の校舎脇に繋がっていました。ここまでは大丈夫。
そしてさらに山を登り、神社まで一周して戻ろうかと思いながら走っていると、突然目の前に毛虫が現れました!
頭上の木から糸でぶら下がっていたんですね。あやうく鼻から毛虫を吸い込むところでした。
走行中、周囲に気を配らなければいけないのは車の運転だけではありません。気をつけましょう。

結局、山を下って一周するつもりが、なんと途中で行き止まり。
ちょっとしたハプニングでしたが、たまにはこういう練習も面白いですね。
でも次回はもうちょっと強く走りたいです。



 ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。

人気ブログランキングへ 
★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

「もう来なくてもいいんですか?」一年前からのオスグット(中2 サッカー部)

「そんなに痛かったら痛み止め注射しますか?」
それまでシップと痛み止め(内服)でだましだましサッカーを続けていたものの、医師のこの一言で見切りをつけました。
ネットでオスグット病の治療について検索すると、自然形体療法にたどり着きました。しかしなぜか県外の治療院しか出てきません。

本人は「県外まで治療に行きたい」と言いますが、なお調べていってようやく当院が見つかりました。
新潟県内の人がオスグットで検索すると、当院が出てくるように工夫しているつもりですが、どうもネットの設定がうまく機能していないようですね。反省。

治療前の状態は、立位から少し膝を曲げただけで両膝が痛くなります。仰向けでは、膝を深く曲げると痛みます。
痛みの程度としては中程度ですが、全身かなり疲労が溜まっています。学校の部活動だけでこれだけ身体が硬くなるのは、練習量が多いのはもちろん、小学校時代からの疲労の蓄積でしょう。

治療後は、正座、屈伸、軽いジャンプで痛みは出なくなりました。
ご両親も驚いていらっしゃいましたが、治療法が正しければ一年間も病院では治らなかった痛みがたった1回でここまで回復します。

「次回はどれくらい感覚を空けらたいいんですか?
「目安は週1回の治療で計3回程度でいいですが、なるべく空けないほうが早く回復します」
続けてくれば2回でもいいかもしれません。仮に3回かかるとしても、週1なら3週間かかるし、毎日通えば3日でOKということですから、どっちがいいかは明白ですね。

ということで、3日後に2回目の治療。
「息子が学校から帰ってくると、毎日『どうだった?』と聞いていました」
毎日貼っていたシップもすることなく、痛みが無いと聞いても、親としてはまだ心配だといいます。
治療前に状態をみてみると、屈伸しても大丈夫のようです。練習しても痛みは出なかったものの、動きすぎて身体が釣りそうだったとか(笑)

通常オスグットの場合、治療前に痛みがなければ、仕上げのメンテナンスをやってその回で通院終了としています。
「最初に3回が目安と言われましたが、本当にこれで終わっていいのですか?」と、お父さん。
たぶん大丈夫です。もし痛みが出たら、その時はすみやかにお出でください。
体中の強張りが他人より強いので、今後も注意は必要ですね。



 ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。

人気ブログランキングへ 
★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

じっとしていても痛い右肩・右腕(50代 女性)

約3年振りの来院です。また前回と同様、右肩~上腕、肩甲骨周辺の痛みが強くなったとのこと。
笑顔が印象的な方でしたが、どうも元気がありません。半月前に寝違えたような感じもあり、今はじっとしていても痛いといいます。
肩の可動域は十分にあるし、動かして痛みが出るというわけではないので、いわゆる五十肩とは違います。

しばらく湿布でしのいでいたというものの、「気休めですよね」。
3年前は3回ほど通った記録がありますが、あれから治療精度も上がっていますからね。今回は1回で済みそうです。

ひととおり治療してから起きて確認してもらうと、なんだかまだ浮かない表情。
「まだ、肘周りが少し……」
あ、まだ少し張りが残ってますね。
座ったまま最後の仕上げ。
「あ、今度はすごく楽になりました!」
ようやくパッと、いつもの笑顔になりました。良かった(^^)/
困ったらまたいつでもどうぞ。




 ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。

人気ブログランキングへ 
★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

大事な大会を前にシンスプリントの痛み(中学3年 女子 バスケットボール)

中学1年製の時に(オスグットではない)膝の痛みで来院したバスケットボール部女子。
遠方からお出ででしたが1回で痛みがなくなって以来、再発もしないとのこと。連れて来られたお父さんも感激され、その後も腰などに痛みが出ると何度かお子さんを連れていらっしゃいました。
その子も今年は3年生。部活の集大成として、万全の状態で大会に挑みたいところです。

ところが大事な大会を前に、シンスプリントの痛みが出始めました。
右足すねの内側、内くるぶしより7~10センチ上のあたり。強めに押すと痛みがあります。走ったり軽くジャンプした時に痛みが強く出ます。
シンスプリントの痛みは、脛骨の骨膜が筋肉に引っ張られて炎症を起こすとされていますが、これはどうも怪しいですね。
痛みの出る脛骨内側には付着する筋肉がないはずですから、筋肉の収縮で骨膜を引っ張るはずがないのです。
脛骨の内側の筋肉は、腓腹筋とヒラメ筋です。
腓腹筋は、大腿骨後面に付着し、下方に行くにしたがってアキレス腱となって踵に付着します。
ヒラメ筋は脛骨と腓骨の上部に付着しますが、すねの内側ではありません。この筋肉もアキレス腱となって踵に付着します。いずれもシンスプリントの部分には付着していません。
その他の足底や足指に関係した筋肉(前頚骨筋、長指屈筋、長母指屈筋、等)は、すねの外側に付着する筋肉です。
下記の写真は、当院の人体模型を撮影したものですが、すねの内側に付着する筋肉は色つけされていません。また、ネット上で検索しても、シンスプリントの部分に付着する筋肉はいくら探しても出てきません。
 
◎図を参照(右足)
 
下肢の骨2(シンスプリント)
 
ただネット上には、下記のような説明図もあったりするのですが、これはなんという名前の筋肉なのかは不明です。
 
No9_fig2.gif

また、シンスプリントとは別に、軽く触れただけでもピリピリする痛みが出ることがありますが、これは若い人には珍しく、高齢者などに多い痛みです。この場合の治療法はまったく別のものになります。

一般的にシンスプリントの対処法は、ウィキペディアにあるように長期の休養ということらしいです。
これは適切な治療法が確立されていないことの証明ですが、そもそも痛みの原因を根本的に間違えているのではないでしょうか。
シンスプリントを放置して、または我慢して運動を続けると疲労骨折につながるおそれがあると解説するサイトもあります。しかし下肢の疲労骨折が必ずしもシンスプリントを伴なうわけでもないことから、直接的な因果関係はないでしょう。それよりも、シンスプリントも疲労骨折も、オーバーワークが原因ということが根本にあると思います。

さて、今回の症例です。
上記で述べたことを元に、この痛みに対する治療法を考えると、純粋に筋肉治療でいいはずです。
(※この部分だけを読んで、患部へのマッサージはおやめください。悪化させる恐れがあります)
マッサージではない方法で周辺の筋肉の治療をしていきます。
シンスプリントの部分は圧痛があっても腫れていませんから、炎症ではなく剥離の痛みでしょう。これはまた別の方法で治療します。

最終的にジャンプしても痛みが出なくなりました。患者さんにもいつもの笑顔が戻ってきました。
ただ、これで実際にプレーして痛みがどの程度かはやってみないと分かりません。

翌日が試合だったので、夕方お父さんにSMS(ショートメール)で様子を聞いてみました。
すると、
「……お陰様で少し外部が痛むものの、ほぼベストな状態で良いプレーが出せました。ありがとうございました」との返事がありました。
良かった! 無事に試合が出来ましたね。
少し外部が痛いとありましたが、治療したシンスプリントは内側の痛みなので、シンスプリントそのものはまったく問題がなかったようです。
次の試合もベストな状態で挑めるといいですね。




 ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。

人気ブログランキングへ 
★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR