もともと身体が固いためにオスグットになりやすい例(中2 男子 バスケットボール)

オスグットの症例報告は久しぶりですが、前回報告後も多くの子どもたちが治療に訪れています。
だいたい2、3回の治療で痛みはなくなります。ここ1年間では最高で4回が1例あるだけ。
原因はもちろんオーバーワークと間違ったストレッチ法によるものです。

今日初診の中学生。電話予約のときのお母さんの話では、小学生のころから痛いのだとか。ここまではよくある話です。
さて両膝、特に左が痛いといいます。立位から両膝を曲げてもらうと、膝の後ろ側が90度まで曲がらいうちに痛みがでます。軽く押しても痛み。
仰向けで曲げてもらうと、左膝が90度付近で痛みはじめます。
足全体は当然張りは強いのですが、ふくらはぎを触ってビックリ! 過去にオスグットで来院された患者さんのなかでもトップクラス?というか異質な固さがあります。

これは相当、ミニバスから疲労が溜まっているのだろうと聞くと、
「小学校のときは何もやっていません」とのこと。
スポ少をやっていなのにオスグットになるとは!?
「小さい頃から身体が固いんです」とお母さん。
ある程度治療して痛みを取ってから、正座してもらおうとすると、
「膝は痛くないけど、その周辺が……」
伸びないのですね。膝立ち&爪先立ちの状態からお尻がかかとにくっつくまで相当離れています。
これでは他の人よりもオスグットになりやすいですね。

2週間後の大会に間に合わせたいとのこと。ちょっと遠方ですができるだけ通いましょう。
かなり固く伸びにくい筋肉も、今日教えたストレッチを正しくやれれば、さらに大丈夫。


2014稲刈りと花 040
先週の稲刈り手伝い時、ちょっと息抜きでパチリ。ベタな題材と構図ですがお許しを。



 ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。

人気ブログランキングへ 
★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

明日のジョー作戦 2014/9/25

以前から、トレーニング日の木曜午前中は笹神体育館周辺は雨が降らない、または降っていても走る頃になると止んでしまうということが多かったのです。
特に今年は雪融けから先週までの雨降らない率は100%でした! ……が、今日はさすがに台風からの温帯低気圧。
ついに連勝ストップです。
レースを次の日曜に控え、体育館だけの練習では物足りないのですが仕方ありません。
ここのところ骨盤が歪んでいたのは分かっていたので、このまま無理をして怪我をしてもしょうがありません。

もちろん、自分でできる分は修正していました。
そこで気が付いたのですが、普段治療で患者さんに「身体が歪むような姿勢を、知らず知らずのうちにしているかもしれませんよ」と言っていたくせに、自分でもやっていましたね。
パソコンに向かう姿勢がダメでした。足元に物を置くものだから、ちょっとねじっていたようですね。今回の歪みがすべてこのせいとは思いませんが、悪い時には小さいことも徹底的に修正しましょう。

今回の歪みはけっこう頑固なので、自分の触診だけではわかりづらい背部等の状態は先輩プロにお願いしましょう。
なかなか自分を客観的に診断するのは難しいです。
ということで、月一度のメンテナンスで三条の丸山予防医術へ。

そうしたら、背骨は曲がっているわ仙骨が捻じれているわ、筋肉に張りやしこりがあるわで、大変よろしくない状態でしたね。そのせいで歩き方すらおかしくなっていました。数週間前に走りのフォームを変えてせいで、今まで使っていなかった筋肉の疲労がピークになっていたのかもしれません。
さすがの技術で全ての歪みは修正していただきましたが、あとは明日~明後日と再度歪まないように自分で気をつけましょう。
温帯低気圧は心配ないでしょう。ぎりぎりの追い風よ吹け!



2014稲刈りと花 139
飛び石連休は、妻の実家の稲刈り手伝いでした。
合間にあぜ道のスミレや赤とんぼを撮ってみました。



 ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。

人気ブログランキングへ 
★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

二日間寝込むほどでも、どこへ行っても治らなかった頭痛(40代 男性)

30代の頃から頭痛に悩まされている会社員の方。
月に1~2回は、丸一日会社を休まなければならないほどの激痛です。
しかも、最近は二日間休まなければいけなくなりました。痛むのは主に右側。ズキズキした痛みが続きます。
医者からもらった薬はまったく効果なく、寝込むしかありません。
同僚の(息子さんのメンテナンスで通院されている方)が、心配して当院を紹介してくれました。

あまりの激痛ということで群発頭痛を疑ってみましたが、痛み方の特徴が違います。
当然、病院で脳のCTなども撮って「異常なし」と言われてるでしょうから、やはり緊張性頭痛の強いものということになります。
首を触ってみると、かなり強い張りやしこりのようなものがあります。それに加えて頸椎の大きな曲がり。これは手枕をして横になってテレビを観るのがくせになっているに違いありません。
聞いてみるとまさしくその通り。右を下にして手枕をしているとのこと。これは厳重注意です。

首とその周辺の筋肉治療と頸椎の歪みを修正し、
「スッキリしました」と、笑顔で帰ったのが3週間前。
当院に来る1週間前に寝込んだと言うので、3週間以内には頭痛がくるペースのはずでしたが……。

本日2度目の来院。
治療室に入ってきたときの表情が明るかったのでほっとしました。
「10日ほど前に1日だけ、少しズキズキしましたが仕事を休むほどでもなく、翌日には治まっていました」
おっ、いい感じですね。

今日も筋肉治療と曲がりを修正し、次回は40日後。
もし、再発して辛かったら間に予約を入れるということしました。
10年以上も激痛に悩まされても、たった1~2回で改善するのですから、自然形体療法ってやっぱり凄い。



 ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。

人気ブログランキングへ 
★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

明日のジョー作戦 2014/9/13 「ひ、膝が痛い!」

久しく「ジョー作戦…」を更新していないと思っていたら、なんと1カ月ぶりですね。
もちろん、練習をさぼっていた訳ではなく、アメニモ ナツノアツサニモ負けずに頑張っていました。
今月末にマスターズの記録会があるので、気が抜けません。

前回更新時(8月7日)から、練習のアップにダイナミックストレッチを取り入れ、今まで固かった左足首の可動が改善したりと順調だったのですが……。
先週の練習日(9月4日)は、普通にメニュー(しいていえば、最後に200mダッシュを1本増やした)をこなし、その日は体調に問題はありませんでした。
翌日、仕事中に何か右膝に違和感を覚え始め、次第に屈伸時に痛みが出るようになりました。
(自分が膝を傷めて長引いたら信用を失う)と思い、自己療法に努めますがすぐには完全になりません。結局、日常生活で痛み・違和感が無くなったのは三日後のこと。
問題は次の練習時です。再発したらどうしよう。

今回、膝を傷めたのはダイナミックストレッチが関係しているはずです。このストレッチ自体に問題がある訳ではないはずなので、何がいけなかったのかをよく分析してからトレーニングしないといけません。
原因として考えられるのは
(1)ダイナミックストレッチが(量、方法)が不十分だった。
(2)ダイナミックストレッチをするための最小限の静的ストレッチを省略しすぎた(かも)
運動後のストレッチは充分にやったはずなので、この2点でしょう。
特にダイナミックストレッチは本だけで勉強したので、正しいやり方でやっていない可能性があります。その分、本に書いてある回数だけやればいいという訳でなく、充分に身体を温める必要があります。
また、運動前の静的ストレッチは今の私のレベルでは、少しやったほうがいいと思いました。

ということで、以上のことに気をつけての今週の練習(9月11日)でしたが、膝は全く問題がありませんでした。
当日も、翌日も、本日も大丈夫。

調子に乗って、昨夜は新潟市陸上競技場の一般開放(ナイタ―)に行ってきました。
やはり、全天候トラック&スパイク、スターティングブロック、そして競技場の雰囲気に慣れておかなければいけません。
残念ながら昨夜は雨模様で、時折強く降ったこともあってダッシュできた時間は15分くらい。
また、競技場のホームページに記載されていたスターティングブロックの貸し出しはなく、本当に足慣らし程度の練習でした。
また時間的なチャンスがあれば、どんどん行きたいですね。
DSC_0236.jpg





 ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。

人気ブログランキングへ 
★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

テーマ : 日記
ジャンル : その他

リハビリ中に悪化して辛い毎日(60代 女性)

以前右肩痛で通院していた60代の女性。約2年振りに来院です。
今度は左腕全体が痛いといいます。
半年前くらいから痛くなり始め、整形外科では腕の骨には異常なしという診断。リハビリによる治療が始まりました。
肩口の痛みは楽になったものの、全体の痛みはあまり変わりません。それでもずっと通っていましたが、1か月ほど前に手で軽いウエイトを引っ張るマシンでリハビリ中、嫌な痛みが走りました。
すぐに中止してリハビリには行かなくなり、自宅養生に努めますが、この頃からどんどん悪化してしまします。
寝ていても起きていても四六時中痛みがあり、バンザイは出来るけど、肘が曲げづらく背中の方に腕がいかない状態です。

必要最小限の家事をするとき以外は、痛みをこらえながら寝ている生活。でも最近少し楽になった気がするので、当院に来る気になったとのことでした。

五十肩のようなもの? と思って座位で腕全体を触診してみても、筋肉には問題がなさそうです。
では仰向けになってくださいというと、「たぶん、痛くて腕の置き場所に困ると思います」と言います。
何とか寝てもらって、肩関節を調節しますがあまり効果なし。途中、「中指が痛い」と言いました。普段は親指も痛くなるときがあるそうです。
ということは頸椎椎間板の障害に違いありません。C6、C7が問題なのでしょう。
病院ではレントゲン等、首の診察はしなかったそうです。

頸椎牽引をやって、ようやく痛みが止まりました。その後、首枕を使って角度に注意しながら寝てもらいました。
頸椎も頑固な歪みがあります。首が原因と知らなかったので、にいろんな姿勢で寝ながらTVを観ていたそうです。
治療がひととおり終わるまでの数十分間は痛みから解放され、
「こんなに痛みがないことは久しぶりです。やっぱりもっと早く来ればよかった」とほっとした笑顔。

病院の診断は全くの間違いどころか、頸椎椎間板を傷めているときには絶対にやってはいけない動作を、リハビリでやらせてしまいました。
改善までには数週間、悪ければ2、3カ月かかるかもしれませんが、間違いなく痛みは無くなるでしょう。
しばらく通院しましょうね。





 ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。

人気ブログランキングへ 
★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR